過払い金の請求と債務整理

借金返済で困ったら債務整理を考える

毎月の支払いや返済に困り借金を申し込んだら断られた
・・・・・こんな経験ありませんか?

こんな経験をしたあなたは債務超過の状態になっているのです。
債務超過の状態から脱出するには、自己破産か債務整理しかありません。

どちらがよいのかははっきりしています。
債務整理によって借金返済の負担を軽くして再出発を図ります。

債務整理には任意整理・民事再生・過払い金返還請求といった方法がありますが、これらの方法によっても整理できない時の最後の手段として自己破産があります。

任意整理で金利をカット、返済額を減額し場合によっては過払い金が戻ってくる

毎月の収入の半分が借金返済に回っている。これでは生活が成り立ちません。返済金に含まれる金利の部分を交渉によって減額し、毎月の返済額を減らす方法が任意整理です。

交渉の過程で、これまでの返済額累計を計算すると過払い状態になっていることがあります。

任意整理では過払い金が戻ってくることもあります。

個人民事再生による債務整理

任意整理と同様に返済額を減額する方法として、民事再生による債務整理があります。

個人の民事再生は法人と同様、裁判所に手続きを行ないます。任意整理では交渉がまとまらないような場合に行いますが、法的な整理ですので、借金の原因がどんなものであっても手続きができます。

自己破産では住宅を失ってしまいます。マイホームを守りながら民事再生によって借金返済を楽にする方法があるのです。

借金の返済が終わった人でもできる過払い金返還請求

長年借金の返済を継続している方や、返済が終わった人でも過払い金の返還請求によって、お金が戻ってくることがあります。

サラ金やヤミ金だけでなく、信販会社やクレジットで長年返済をつづけていたことのある人は、過払い金返還請求を!

借金返済に困っていたり、過払い金があるかもしれないという方は、まずは無料の相談を
▼借金問題に専門特化!

[広告]

ページの先頭へ