メールマガジンバックナンバー

手紙の威力

困った時に読むメルマガ『交渉術で道は拓ける』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━08.05.24 ━━━

いつもご購読有難うございます。

───────────────────────────────────
☆ 手紙の威力
───────────────────────────────────

手紙を最近書いた方って、いらっしゃいますか?

メールが当たり前になっている時代ですから
今時、手紙なんて・・・・・・

今日は、手紙がもつ威力についてのお話です。

//////////////////////////////////////////////////////////////////////

あるハウスメーカーで住宅を建てた方がいます。

Aさんという方です。

新築してから数年後、Aさんの仕事の調子が悪くなり、
住宅ローンが滞るようになりました。

延滞が6ヶ月を超えると、ローン保証会社は、
Aさんに代わって銀行に、融資残高を一括弁済します。

これを代位弁済と呼びます。

代位弁済を行った保証会社は、担保にしている住宅を差押えます。

そして、裁判所に申請をして『競売』が決定されます。


競売決定の通知を受けたAさんは、悩み・困りはて、
そしてある方法を思いつきました。

Aさんにとってこの住宅は、ものすごく思い入れのあるものです。
仕事の都合で、Aさんは住まいはしていなかったのですが、年老いたお父さんが一人で住んでいました。

競売が実行され、第三者に住宅が引き渡しされると、お父さんはこの家を出て行かなければなりません。

Aさんが思いついた方法とは・・・・・・・


手紙を書くことです。


手紙には、Aさんの住宅に対する想いがつづられています。

○どんなにこの住宅を建てるにあたって、たくさんの勉強をし、
 工事期間中も毎日現場に通い、楽しみにしていた住宅であったか

○一生に一回の住宅を建てる会社選びには、どのくらいの研究をし、
 選んだ会社に対しては、全面的な信頼をどうして持つようになったのか

○引渡し以来、どんなに幸せな気分でいられたか

○年老いたお父さんの今後を考えると不憫でならないこと

○こんな事になってしまった自分への不甲斐なさ

こんな事がつづられた手紙を、手にしたのは・・・・・


この住宅を建てたハウスメーカーの社長です!


手紙には更につづきがあります。

○将来、必ず自分が買い戻すから、この住宅を落札して買い取ってほしい

○第三者の手に渡っては困るので、高い金額で入札してほしい
 (すごく高い金額でした)
○買い取ったあとは、そのままお父さんの居住を認めてほしい

このようなAさんの希望を知り、このハウスメーカーの社長は
担当支店の支店長に電話をしました。

『この通りにやりなさい!』


支店長からこの手紙を見せられ、私が感じた事は


すごい! さすがだ!

何がすごくて、さすがなのでしょうか?


ハウスメーカーの社長の決断のことではありません。

この手紙の内容です。


○ハウスメーカー社長の性格や考え方を把握している

○こう訴えると、こう動くはず、という読みが適確である

まるで、囲碁の中押し勝ちのようなものです。

完全に読み切って手紙を書いたのだと思います。

入札価格は2500万円を超えるものでした。

たった1通の手紙が持つ威力の恐ろしさを感じたものです。

ここ一番!!
という時には・・・・・・自筆の手紙で勝負!!

───────────────────────────────────
☆ 2009年就職情報
───────────────────────────────────

■新着情報 5/19〜5/24

新しくエントリー開始した求人企業です。

○ 社団法人日本レコード協会
○ 株式会社メディアミックス
○ 株式会社ミツトヨ
○ 社会福祉法人中心会
○ 株式会社つぼ八
○ 株式会社華屋与兵衛
○ 日本合成薬品株式会社
○ 株式会社日本セルカ
○ 株式会社平八
○ 株式会社キャニオン・マインド
○ 株式会社城洋
○ 株式会社エランスタッフサービス
○ 株式会社計測技術研究所
○ 神電エンジニアリング株式会社
○ クボタ松下電工外装株式会社
○ 株式会社モーリコーポレーション
○ 株式会社ヴァリアント
○ 株式会社ウィルライズ
○ 株式会社インターネットインフィニティー
○ 株式会社テックジャパン
○ 日建管理株式会社
○ 株式会社ティー・イー・シーシステム
○ クリケット株式会社

◇情報提供◇

  就活を応援![en]学生の就職情報 ───会員登録は無料─


───────────────────────────────────
☆ 自己ピーアールは企業への果たし状
───────────────────────────────────

自己ピーアール・・・・・まとまってきましたか?

自己ピーアールは、いわば企業への手紙です。
1通の手紙で採用が決定・・・・・ということだって無いわけではありません。


手紙で何かを伝える、訴える・・・似たようなものにラブレターがあります。
ラブレター・・・古い言葉です。
最近はこうは言わないのでしょうか?

さて、自己ピーアールで一生懸命、自分の長所を並べ立て、
如何にその会社に入りたいかを熱い思いで語る。

こんな自己ピーアールはあっていいと思います。
ラブレター調のものです。


しかし見方を変えると、このようなラブレター調は
採用担当者にとって、日常お目にかかることが多いものかもしれません。

そこでもう一度、自己ピーアールについて考えてみましょう。


採用へのエントリーは、採用試験への参加申込みです。
書類選考の後、一次面接へと進むわけですが、
自己ピーアールは面談への申し入れを兼ねています。

『私に会ってみませんか?』

『使える男ですよ!』

『逃すと惜しい事になりますよ!』

いままで、まったく出会いの無い人間同士が、面接の場で初めて、
相い対すことになります。

言葉のやりとりには、一分の隙もあってはなりません。

相手の発する言葉の真意を読み取り、適確な対応をする。

それによって相手は
『出来るな!』と感じるものです。

面接は、言葉を武器とした戦いです。


戦いに敗れる事は
もともと力が足りなかったのか、あるいは武器を使いこなせなかったのか
のどちらかです。

戦いによって、初めて自分の実力がはっきりと分かります。

何が足りなかったのか?

足りなかったものに気が付けば、次の戦いではもう少し有利に戦えることでしょう。

面接という戦いを通して、自分を磨く事になります。

そんな戦いへの申し入れ・・・・・果たし状・・・・・

と考えて、自己ピーアールを書いてみては・・・・・・?

■編集後記

5月もそろそろ終わり、吹く風が心地よくなってきて
北海道はこれからが一番いい季節です。

13年いっしょに暮らした愛犬が昨年5月に亡くなり
一年が過ぎました。

寂しさもうすらぎ、楽しかった頃のことだけが思い出されます。

ペット霊園に埋葬したのですが、どうやらお墓にはいないそうです。
きっと時折吹く風は、愛犬だったのでしょう。

テレビ朝日ドラえもん募金「中国・四川省大地震、ミャンマー・サイクロン」
被災者支援
⇒ http://www.tv-asahi.co.jp/doraemonbokin/

【クリックするだけで救われる命があります】
クリック募金によるNPO支援や、企業とのコミュニケーションを通じて
“持続可能な社会づくり”を推進するサイト
⇒ http://www.dff.jp/

[広告]

ページの先頭へ