メールマガジンバックナンバー

コンプライアンスが甘かった

困った時に読むメルマガ『交渉術で道は拓ける』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━08.06.28 ━━━

いつもご購読有難うございます。


───────────────────────────────────
☆ コンプライアンスが甘かった
───────────────────────────────────

30分の間で二回も検問で止められました。

いい加減にして!(つづきは編集後記で)

今日のテーマは・・・・・・コンプライアンス。

//////////////////////////////////////////////////////////////////////

グッドウィルが派遣事業許可の取り消しを受けることになりました。

新聞には
『コンプライアンスの甘さで最悪の事態を招くことになった』
と書かれています。

コンプライアンスとは『法令順守』のこと。

さて、私たちは日常の仕事の中で、法令順守を意識しているのでしょうか?


またも発覚した食品の偽装・・・・・

売上は先細り、売れ残りや返品は利益率を圧縮します。

ごまかしてでも売りたい!

売上の減少は、会社の存亡に最もかかわることです。
分からないわけではありません。

騙してでも売る・・・・・売れる営業マンにある意識です。


『NTT正規代理店の○○ですが、電話配線のことで・・・・・』
よくかかってくる電話です。

トリックなんですね! あるいは引っかけです。

うっかり話しにのめり込むと、しっかりアポを取らされます。


偽装は騙しですが、トリックと表現すると何となく許されるかな?
という感覚になります。


こういった事がひとたび問題となると
コンプライアンスが甘かった!
と言われるわけです。


───────────────────────────────────
☆ 社員とコンプライアンス
───────────────────────────────────

業務命令で違法行為を犯すことってわりとあります。

運送屋さんが、重量オーバーで走る。
借金の取立てに脅迫をする。
ヤラセの番組を作り放送する。
賞味期限を偽る。
欠陥商品を隠して販売する。
副作用のある薬品のデータを捏造する。
合格した商品と違うものを販売する。

これらは実際に起こったことですし、今も実際に行われていることです。

そして、従業員の立場でどこかに関わっています。

問題が明るみに出ると、関わった担当者として
懲戒処分を受けたりします。

会社の命令でやったことなのに、責任をとらされて解雇となる。
当の本人になったら、運が悪かったでは済まされないことです。
このような事からどのようにして自分の身を守ればいいのでしょうか?

これは2000年におきた沖電気の贈収賄事件についての関連記事です
⇒ http://www.labornetjp.org/NewsItem/20050704m1/

取調べ及び裁判経過はこちら
⇒ http://www.okidentt.com/yuhuin/yuhuinkeika.html

そして、沖電気の社員2名が有罪判決を受け、その前に懲戒解雇されています。
⇒ http://www.okidentt.com/04kabu/yuhuin.html

会社はまったく関係が無い、社員が勝手にやったこと・・・・・
よく聞くフレーズですね。


こんな立場にならない為には・・・・・・・


法律に引っ掛かる事はしないこと!

コンプライアンスは、実は自分を守ることにつながります。

会社の命令に従わないとクビになる・・・・こんな場合もあります。
そんな時は、あっさりクビになりましょう!

そんな会社に残っていたって
グッドウィルのようになるだけです。


───────────────────────────────────
☆ コンプライアンスこそこれからの企業の道しるべ
───────────────────────────────────

しつこいようですがグッドウィルの事例は今後の企業社会をよく映していると思います。

船場吉兆はとうとう破産の道を選ばざるを得ませんでした。

テレビでは毎日のように、行政のあきれた無駄遣いを報道しています。
偽装企業が発覚すると、一週間は最低でもブラウン管で企業名が映し出されます。

コンプライアンスがしっかり出来ない企業は生き残れない時代になっています。
会社のためだから仕方ないという行為が、会社の為にはならなくなっています。

違法な行為は卑怯な行為!

昔、日本が欧米から新しい技術を導入して、近代社会の仲間入りをした頃
つまり、明治時代です。

産業界をリードしたのは、武士階級でした。

廃藩置県によって、禄という給与制度がなくなり失業した多くの武士が、
自らの人生と、生活の糧を求めて飛び込んだ結果が、近代日本を作り上げました。

武士が持つ崇高な精神が、理想的な経済社会を作ったとも言えます。

それから約100年を経て、企業倫理を無くし、利益至上主義に走る企業の姿、
こんなはずでは無かったと、先人達は嘆いています。

しかし時代は変わります、いま変換の時期が来ています。
企業を変換するのは、ひとりひとりの社員のコンプライアンス意識です。


───────────────────────────────────
☆ 2009年就職情報
───────────────────────────────────

■新着情報 6/27までにエントリーを開始した企業

新しくエントリーを開始した企業情報は
⇒ http://www.businessman21.com/entry/2008/06/post_6.html

───────────────────────────────────
☆ 若者の仕事力が危ない!
───────────────────────────────────

若手ビジネスパーソンの基礎的な能力が落ちているそうです。

・自分で考えない、判断できない
・指示されないと動けない
・簡潔でわかりやすい資料が作れない
・困難に直面すると投げ出してしまう

あなたはどうだろうか?
⇒ http://allabout.co.jp/career/careerplanning/closeup/CU20080617A/


■編集後記

北海道洞爺湖サミットが間もなくです。
北海道の玄関である千歳市は大変な厳戒態勢です。

空港に向かうあらゆる道路では検問が行われています。

私の車は、今でも宮城ナンバー・・・・・
『怪しい車』
と見られるのでしょうか、30分間で二回も『免許証を・・・・』

不思議なものです、何も違法行為はしていないのに
何故かビクビクして免許証を出す私でした。

【平成20年岩手・宮城内陸地震義援金】
⇒ http://volunteer.yahoo.co.jp/donation/detail/1301008/index.html


【クリックするだけで救われる命があります】
クリック募金によるNPO支援や、企業とのコミュニケーションを通じて
“持続可能な社会づくり”を推進するサイト
⇒ http://www.dff.jp/

[広告]

ページの先頭へ