メールマガジンバックナンバー

就職・・・決まりましたか?

困った時に読むメルマガ『交渉術で道は拓ける』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━08.08.01━━

いつもご購読有難うございます。


───────────────────────────────────
☆ 就職・・・決まりましたか?
───────────────────────────────────

日本経済新聞社が秋採用を開始しました。

詳しくはこちら⇒ http://gakusei.enjapan.com/2009/today_top_1


今日のテーマは・・・・・・就職活動を振り返る

//////////////////////////////////////////////////////////////////////

就職をしなければ・・・・・
という強い思いで就職活動をしたのは
実は54歳まで無かった私です。


───────────────────────────────────
☆ 何となく就職していた・・・・・?
───────────────────────────────────

昭和49年4月〜52年2月
昭和52年3月〜55年1月
昭和55年1月〜55年12月
昭和56年1月〜57年3月
昭和57年4月〜62年1月☆
昭和62年2月〜平成3年4月
平成3年5月〜4年12月
平成5年1月〜15年12月☆
平成16年1月〜17年10月
平成17年11月〜18年3月★
平成18年4月〜現在☆

以上が私の職歴です。

☆のついている期間は、独立して事業を行っていた時期です。

合計すると8社に入社していますが、1社を除き就職活動らしい活動は
したことがありません。

ではどのように就職したかというと
何となく・・・・・です。


初めて就職した会社は、いわゆる大企業です。

その会社は現在
資本金500億円
売上1兆2千億円(単独)
というマンモス企業になっています。


この会社に入社したのは
コネがあったからでもなく、特別私が優秀だったわけでもありません。

タマタマだったのです。

巡り会わせというのか、運命なんていいますがそんな類のことでした。


それ以来、独立したり就職したりを繰り返していますが
3年前のあの時を除いては
何となく・・・・・仕事が決まっていました。

独立する時もそうでした
『独立しようかな〜』と、軽いノリで独立しています。

就職先を真剣に考えたこともなく、
周到な準備をして採用試験を受けたということもありません。

あの時を除けば・・・・・


───────────────────────────────────
☆ がけっぷちの採用試験
───────────────────────────────────

平成17年10月、上に書いた職歴の★印の時のことです。

当時私は、支店開設の為に単身赴任で仙台にいました。

支店運営には欠かすことの出来ない事業資金が乏しく、
本格的な事業開始は先送りとなり
本社に戻らなければならない状況でした。

しかしすでにスタッフもおり、目処が立つまでは仙台に残ってほしいというのが、
現地スタッフたちの希望でした。

私自身も、中途半端な状態で戻ることには納得がいかず
なにか突破口は無いかと思っていた頃・・・・・


少ない資金で、事業をスタートできる情報が飛び込んで来ました。
スタッフ達と検討を重ね、『この方法でいこう!』
と決断をし、事業計画書をまとめました。

問題は、少ないとは言え多少の資金が必要だということです。

その資金をどこから捻出するか・・・・・?


そこで、私が考えた捻出方法は
『私の人件費を削ること』だったのです。


つまり私が考えたことは次の二つです。

○会社を辞めて、浮いた経費を事業資金に投入する
○仙台で再就職し、目処が立つまでスタッフたちを支える

決断すると行動の早いのがいい面でもあり、欠点でもあります。
早速辞表を郵送し、本社での経営会議には、
支店の責任者になってもらう人物を出席させて、
この事業計画の承認を取り、準備を進めて行きました。

もちろん、私が仙台に残れるようにするのも大事なポイントですから
再就職先探しにやっきになりました。


しかし、もう歳は54歳と7ヶ月
インターネットで『55歳』と検索すると、ほとんど該当がありません。

やっと見つけたある会社・・・・・一部上場でした。

ハードルは高そう・・・・・採用になるかな~~~?

不安が頭をよぎりますが、ままよと応募しました。

この会社しかありません。
ここで不採用なら、北海道に戻らざるを得ません。

まさに崖っぷちでした。

その会社の仙台支店で臨んだ面接は
私にとって、初めての真剣勝負だったのです。
そうしてその結果は
⇒ http://mensetsu.businessman21.com/


───────────────────────────────────
☆ 2009年就職情報
───────────────────────────────────

■新着情報 7/31までにエントリーを開始した企業

新しくエントリーを開始した企業情報は
⇒ http://www.businessman21.com/entry/2008/08/post_11.html


───────────────────────────────────
☆ あなたはGoogle派それともYahoo!派ですか?
───────────────────────────────────

ウェブプラウザを立ち上げると最初に表れるホームページをスタートページといいます。

ほとんどの方はYahoo!かGoogleのポータルサイトをスタートページに設定しています。

ポータルサイトは検索エンジンでもあるのですが、
世界の圧倒的な検索エンジンのシェアはGoogleが占めています。
ですが、何故か日本だけは、Yahoo!が60%以上のシェアとなっています。

Googleのトップページは http://www.google.co.jp/ こんな感じで
味気ないせいなのでしょうか?

ところが、Googleがやってくれました。
トップページを自分好みに設定できるのです。
⇒ http://www.google.co.jp/help/ig/product/

これでGoogleのシェアがグンと伸びるのかも知れません。


■編集後記

神戸でおきた鉄砲水
考えられないことが起きるものです。

4人の子供たちが亡くなりました。
いたましいことです。

自然と人間との共生のありかた・・・・改めて考えさせられます。

【クリックするだけで救われる命があります】
クリック募金によるNPO支援や、企業とのコミュニケーションを通じて
“持続可能な社会づくり”を推進するサイト
⇒ http://www.dff.jp/

[広告]

ページの先頭へ