メールマガジンバックナンバー

景気が悪い時ほど夢を持とう

困った時に読むメルマガ『交渉術で道は拓ける』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━08.10.09━━




いつもご購読有難うございます。

 
 


今日が初めてという方・・・・・はじめまして

就職活動中の皆さんや、
社会人3年目ぐらいまでのフレッシュマンの皆さん向けに

【困った時に読むメルマガ】
読むと元気が出るメルマガを目差しています。


これからもよろしくお願いします。



さて、今日のテーマはこれです。

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 景気が悪い時ほど夢を持とう



───────────────────────────────────
☆ 景気は人の気持ちの反映
───────────────────────────────────

アメリカ発の世界恐慌という様相になってきた世界経済ですが
今日は、景気・・・・・というものについて


1年以上前の読売新聞の記事に
アメリカのサブプライムローン問題が何故、株価の急落につながるかを解説したものがあります。

解説しているのは、楽天証券経済研究所客員研究員の山崎 元氏

一部を引用すると

***********************************

米国のサブプライムローンの焦げ付きが、日本の株価の下落に波及するまでの流れを、
順を追って説明してみよう。

(1)「サブプライムローン」とは、米国の低所得・低信用者向けの住宅ローンだ。

(2)サブプライムローンは多数のローンをまとめた商品として証券化されていて、
これに金融機関やヘッジファンドなどが投資していた
(主に「CMO」と呼ばれる商品だ)。

(3)昨年来、米国の住宅価格の上昇が止まり、下落に転じたため、
住宅ローン返済が困難になるケースが増え、焦げ付きが増えてきた。

(4)焦げ付きの増加で、サブプライムローンを証券化した商品の価格が急落し、
金融機関やヘッジファンドに大損が出た。

(5)金融機関自身の損だけでなく、金融機関がヘッジファンドへ投資・融資している分の損失が加わり、金融機関の信用度が低下した。

(6)金融機関どうしの資金の融通が縮小し、金融機関は融資の回収・新規融資の停止に走った。

(7)ヘッジファンドは金融機関から融資を受けて、自己資金の何倍もの投資を行っている。
融資の回収・新規融資の停止は、ヘッジファンドが保有する株式の売却につながり、
米国の株式が売られた。また、そもそもファンドの損の拡大は、
リスク許容度を低下させるので、これも株式の売りを誘発する。

(8)加えて、(6)の金融収縮の流れと、そもそもの背景にある不動産価格の下落は、
消費や投資の低迷を通じて米国の景気を悪化させるため、
この心配も米国株が売られる原因になった。

(9)国際分散投資をしている主に外国人投資家は、
米国の株価が下落すると投資配分の中で米国株の比率が下がるため、
米国以外の株式の売却でバランスを取ろうとして、日本株も売る。

(10)米国株の下落による損、(4)のサブプライムローン関係の損などで、
主に外国人投資家のリスクに対する許容度合いが低下し、
日本株も投資回収のために売却される。

(11)現在、日本株の株価形成にあって外国人投資家の影響力は決定的であり、
外国人が大量に売ると、日本の買い手がこれを上回ることはほとんどない。

(12)米国の景気悪化は、日本の景気および日本企業の収益にもマイナスに働くので、
国内外の投資家は、米景気の悪化を示唆する米国の株価下落を見て、日本株を売却する。

引用元⇒ http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/yamazaki/at_ya_07082401.htm

***********************************


2007年8月24日の記事ですが
現在の状況を説明するにも充分な話です。


結論的には
最後にこんなことが書かれています。

『サブプライムローンおよびこれに関連する住宅価格の下落は、
米国の住宅ローン全体(ざっと10兆ドル)のごく一部(1.3兆ドル)の問題だ。
たまたま、一番弱そうなところから問題が出てきただけで、
不動産価格の下落はサブプライム層の物件以外にも広がっているはずだし、
その影響は、景気に(消費・投資の低迷と、住宅着工の減少を通じて)
むしろこれから表れてくるはずだ。
一言で言えば、「サブプライムローン問題は氷山の一角」なのだ。』


サブプライム問題だけが、現在アメリカが行おうとしている、
75兆円もの公的資金による金融安定化策につながっているわけではない。
一種のマネーゲームによって収益を上げてきた構造自体が崩壊した結果が
今日の状況なんだと思います。



商品化した証券価格が値下がり、株価が下がる
実はどちらも、人間の不安心理が原因です。

つまり人間の気持ちが原因なんですね。


景気がよくなるも悪くなるも、人間の気持ち次第・・・・
夢や目標があれば、景気は必ずよくなるものです。



最新の解説です
【「粉飾資本主義」が世界を滅ぼす】
⇒ http://business.nikkeibp.co.jp/article/topics/20081008/173090/



───────────────────────────────────
☆ 風力発電は実現するのか?
───────────────────────────────────

家庭の電気がすべて風力発電でまかなう事が出来たら?
昨日こんな話を友人としていました。
しかも2時間も・・・・・



大きな風車のような風力発電は、日本の各地でも見られるようになりましたが
一家に一台・・・・・風力発電機

まだ見たことがありません。



こんなものが実現できたら、CO2も原子力の問題も片付いてしまいます。
友人は45歳、定年後の仕事や生活設計を考える中で
ビジネスのテーマとして、浮かんできたのが『風力発電』だそうです。

私は少し違います。
そんな時代を見ることが出来たら楽しいだろうな~
とおとぎ話をはなすような気分でいます。

でもきっといつかは実現するだろうと思います。



友人も私も『風力発電』とはまったく畑違いですが、
妙に興味をそそられるテーマです。

しかも、素人発想で実現しそうな気がします。


私は15年後を考えています。
友人は5年後には・・・・・・と言いますが
5年後では無理じゃないかなとも思います。
けれども、出来る出来ないは結果であって、それに向かっていくことの方がどんなに楽しいことかと、想像しています。



『風力発電』を実現させよう!

二人だけのプロジェクトが昨日スタートしました。
私たちの夢です・・・・・!


───────────────────────────────────
☆ 2009年就職情報
───────────────────────────────────

■新着情報 10/7までにエントリーを開始した企業

新しくエントリーを開始した企業情報は
⇒ http://www.businessman21.com/entry/2008/10/post_21.html




■編集後記

昨日、市役所に行ったのですが
玄関前で数人の警察官と、市民が何やら配っていました。

私にも差し出すので受け取ると
『振込め詐欺にご注意を』というパンフレットでした。

騙されそうな人に見えたのでしょうか?
微妙な心境です・・・・・。


【クリックするだけで救われる命があります】
クリック募金によるNPO支援や、企業とのコミュニケーションを通じて
“持続可能な社会づくり”を推進するサイト
⇒ http://www.dff.jp/

[広告]

ページの先頭へ