メールマガジンバックナンバー

優先順位と劣後順位

困った時に読むメルマガ『交渉術で道は拓ける』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━09.01.14━━



いつもご購読有難うございます。

 
   今日が初めてという方・・・・・はじめまして

就職活動中の皆さんや、
社会人3年目ぐらいまでのフレッシュマンの皆さん向けに

【困った時に読むメルマガ】
読むと元気が出るメルマガを目差しています。


これからもよろしくお願いします。





今日のテーマはこれです。

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

 優先順位と劣後順位


───────────────────────────────────
☆ 発想を逆転させると・・・・・
───────────────────────────────────

毎日届くメルマガがあります。

バックナンバーを読んでいたら
とあるブログにたどり着きました。
そのブログに書いてあった言葉

“劣後順位”
⇒ http://fumio-ota.blog.so-net.ne.jp/2008-12-14



いまやらねばならない仕事がたくさんあって
なにから手をつけてよいか分からない!

どれも重要で優先順位が付けられない!

そんな時・・・・・劣後順位を考える!


優先順位の反対です、後回しにしてよいものを選び出す。
どんどん削っていって、残ったものが最優先の仕事になります。



発想を逆転させるのですね。




───────────────────────────────────
☆ 不況です
───────────────────────────────────

でも、好調な企業・業種もあります。

1件の受注をとるのに、当月見込み客は3人必要。
過去の統計からこんな数字が言われます。

当月見込み客3人を確保する為には、
短期管理客が6人必要・・・・・

その為には、長期見込み客を含めた管理客は30人必要
などとも言われます。


ところが管理客が少ない!
上からは、集客が足りないと言われます。
集客方法を工夫しろ!
もっと行動量を増やせ!


しかし、絶対的な客数が少ない場合、管理客を増やすにも限度があります。


そこで発想を変えてみます。


1件の受注を取るのに、当月見込み客が2人であったら、
成約率が33%から50%に上がったらどうなるでしょう?

見込み客3人だと、2件の受注が可能としたら・・・・・
成約率は66%です。


やみくもに集客を図るよりは、成約率を上げる工夫をする。
成約率が上がる資質を身に付ける。
魅力ある商品を開発する。

発想を変えると方法はまだまだあるように思います。



───────────────────────────────────
☆ 受注が激減
───────────────────────────────────

こう嘆く中小企業が増えています。
自動車や家電の売上が落ち込み、
関連する下請け企業は大幅な受注減になっています。


大手企業の下請製造業は、
作るものの品質が安定していれば、取引も継続し
堅実な経営ができます。

しかし、不況におちいり
50%もの受注量のあった仕事が途絶えると
経営が成り立たなくなってしまいます。


取引先を増やそうとしても
同じ業種であれば、競争は激しく思ったようには増えていきません。



脱!下請け

こんな時こそ、消費者に直接商品を提供する方法を考えてみては。



農業を見ると、これまで通り農協に依存したスタイルで
農業経営をやっている人もいれば
直販方式を採り入れ、積極的に消費者に作物をPRしている人もいます。



受注が激減したら、これまでは取引の無かった層を開拓してみる。

個人相手だった商売なら、法人を相手にするビジネスを考える。
法人相手が主体だったら、個人相手に切り替えてみる。


同じ業種やこれまで作ってきた物でも、相手が変わると
ガラッと売上が変わる事だってあります。


逆から考える!
いま必要なスタンスだと思います。



───────────────────────────────────
☆ 2009年就職情報
───────────────────────────────────

■新着情報 1/13までにエントリーを開始した企業

まだ間に合う企業情報は、先週と内容は変わりません。
⇒ http://www.businessman21.com/entry/2009/01/post_32.html



----------------------------------------------------------------------
■編集後記

昨年の秋ごろから我が家のテラスの下に
野良猫が住みついています。

どこで餌を探してくるのか
雪に埋もれた中でも
丸々と太っています。


どうやら、テラスの下が彼(彼女かな?)の越冬用の棲みかのようです。

無事に冬を越せるといいのですが・・・・・?



【クリックするだけで救われる命があります】
クリック募金によるNPO支援や、企業とのコミュニケーションを通じて
“持続可能な社会づくり”を推進するサイト
⇒ http://www.dff.jp/

[広告]

ページの先頭へ