メールマガジンバックナンバー

新入社員への接し方

困った時に読むメルマガ『交渉術で道は拓ける』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━09.03.04━━



いつもご購読有難うございます。

 
   今日が初めてという方・・・・・はじめまして

就職活動中の皆さんや、
社会人3年目ぐらいまでのフレッシュマンの皆さん向けに

【困った時に読むメルマガ】
読むと元気が出るメルマガを目差しています。


これからもよろしくお願いします。





今日のテーマはこれです。

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

 新入社員への接し方
 

あと1ヶ月もすると、新入社員が入ってきます。

今年の新規採用は0という会社もあるかもしれませんが
今日は、来月から先輩社員になる・・・・・こんな方への話です。


昨年4月に入社して
早、1年が過ぎようとしています。

あっという間の出来事のように思う方もいれば
ずいぶんとなが~い1年だったという人もいるでしょう。

時間は誰にとっても平等ですから、
感じ方の違いは仕事の充実度に関係があるようです。


ただ、どちらがいいとか言えるものでは無いでしょうから
皆さんそれぞれ、自分なりにどんな1年だったかを振り返ってみて下さい。


さて、今日のテーマは
4月から入ってくる新入社員に、どのような接し方をしたらいいか?
ということです。




───────────────────────────────────
☆ 3ヶ月間だけの師
───────────────────────────────────

右も左も分からない状態の新入社員にとっては
例え1年先輩でも、すごい大先輩です。


師匠と弟子・・・・・こんな関係が成立します。
ただし、3ヶ月間だけですが。


3ヶ月も経つと、新入社員も
社内の空気や、先輩社員の実力など分かってきます。

そうなると、いつのまにか
師匠と弟子 という関係は無くなっています。

仕事仲間という関係に変わってきます。
時にはライバルのような存在になることもあるでしょう。


あなた自身を考えてみると
理解できると思います。

先輩をどう評価していますか?




───────────────────────────────────
☆ 言っていることが伝わらない
───────────────────────────────────

業界によっては
“業界言葉”というものがあります。

普通に話をしているのに、時々混じる“業界言葉”が理解できないので
新入社員はポカンとしている。

こんなこともあれば
普通の言葉で話しているのに、言っていることが伝わらない。
ということもあります。


言葉はすごくあいまいなものです。
同じ話をしても、人によって受け取り方が変わります。

新入社員にいろいろ教えていると
『どうして、わからないのだろう!』
という場面がたくさん出てきます。


このことは
普段お話をすることのある
顧客にも言えることです。


一所けんめいに説明をして
分かっているような顔をしているお客さんが
実は、まったく理解していなかった。



それだけ、言葉は伝わりにくいものだと
実感できるいいチャンスが
新入社員との会話です。


───────────────────────────────────
☆ 自分自身の棚おろし
───────────────────────────────────

何かをマスターしようとする時に
一番効果的なマスター方法は
他人に教えることです。


新入社員にいろんな事を教えることが
実は自分が持っている
○ 知識
○ ノウハウ
○ 経験
○ 技術

などの総点検になるのです。


教えているうちに
分かっているつもりが自分もよく分かっていなかった
こともあったりします。


知っているふりをして
それなりに説明したあと・・・・・
こっそり、インターネットで調べたりすることも
あるのです。


年に1回の自分のたな卸し!!


是非、やってみて下さい。

───────────────────────────────────
☆ 2009年就職情報
───────────────────────────────────

■新着情報 3/3までにエントリーを開始した企業

まだ間に合う企業情報は
⇒ http://www.businessman21.com/entry/2009/03/post_37.html



----------------------------------------------------------------------
■編集後記

民主党の小沢さんが
窮地に立ちました。


昨日まで攻めてた人が
こんどは攻められる側に・・・・・


こんな立場にはなりたくないものです。


【クリックするだけで救われる命があります】
クリック募金によるNPO支援や、企業とのコミュニケーションを通じて
“持続可能な社会づくり”を推進するサイト
⇒ http://www.dff.jp/

[広告]

ページの先頭へ