メールマガジンバックナンバー

朝令暮改にはつきあえない

困った時に読むメルマガ『交渉術で道は拓ける』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━09.03.18━━



いつもご購読有難うございます。

 
   今日が初めてという方・・・・・はじめまして

就職活動中の皆さんや、
社会人3年目ぐらいまでのフレッシュマンの皆さん向けに

【困った時に読むメルマガ】
読むと元気が出るメルマガを目差しています。


これからもよろしくお願いします。





今日のテーマはこれです。

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

朝令暮改にはつきあえない



───────────────────────────────────
☆ 言う事がコロコロ変わって、ついていけないや
───────────────────────────────────

特別給付金を受け取らない・・・
と明言した人が、受け取ると発表。

政府紙幣の検討を否定していた人が
検討を表明。


ころころと言う事、方針が変わる
これを朝令暮改・・・・と言います。

ころころと変わっている人は
もちろん 麻生さんですが・・・・・



朝令暮改
朝、決めた法令が、夕方には変わっている

という意味で、あてにならないことを指します。
だから、否定的に使われることの多い言葉なのですが、

以前、朝令暮改を積極的に行うことの重要性を書いた本を読みました。
この本です⇒ http://www.businessman21.com/sp/book090318.html


鈴木敏文さんは、ほとんどの人が知っていると思います。
セブンイレブンの創設者ですね。


こんにちのような、コンビニなんてまだ無かった時代に
新しい小売業のスタイルを求めてスタートした セブンイレブン

今や日本一ですから、すごい人だ!
としか言いようがありませんが、

これまで、否定的に捉えられていた
朝令暮改


決めたことは、とことんまでやる!
途中で、方針を変えてはならない!
朝令暮改は、リーダーとして失格!

このように言われていましたし、そうも思っていました。
ところが、変化の激しい現代では


以前決めたことにこだわっていては
変化に対応できない・・・・・

こうも言えるわけです。


状況の変化に応じて
どんどん、朝令暮改を行う方が
むしろ、目標達成への近道なのかもしれません。


麻生さんは、どうもこのタイプではないと思います。


思ったことをそのまま口に出してしまう。
後でゆっくり考えたら・・・・どうも違うようだと
前言をひるがえす。
つまり、考えが浅いんですね。


あなたの上司はどうですか?
『毎日、言う事がコロコロ変わって、ついていけないや』

そんな時、麻生さんタイプか、鈴木さんタイプか
考えてみて下さい。


もしかしたら・・・・・
先を読む力がすごく強い人かもしれません・・・・?


───────────────────────────────────
☆ くだらない悩み
───────────────────────────────────

3月は決算月の会社が多いのですが、読者の中にも
忙しい思いをしている人がいるかもしれません。

一番いやな時期だと感じる事もあります。
そして、来月からはまた新しい期がスタートします。


こんな言葉があります。
『今から一年も経てば、私の現在の悩みなど、
    およそくだらないものに見えることだろう。』
                ~サミュエル・ジョンソン
 出典 ⇒ http://www.meigensyu.com/authors/view/1112/page1.html


───────────────────────────────────
☆ 2010年就職情報
───────────────────────────────────

■新着情報 3/17までにエントリーを開始した企業

2010年度 エントリー開始企業情報は
⇒ http://www.businessman21.com/entry/2009/03/post_39.html



----------------------------------------------------------------------
■編集後記

昨日、公立高校の合格発表がありました。
受かった人は大喜びだし
残念でした・・・・・という人もいます。

自分自身のことよりも
やはり、子供たちのあの頃を思い出します。

合格できた子供たちはいいのですが
問題は、不合格となった子供たちにどう接するかですね。

はっきり言って、どうしたらよいのか自信がありません。

幸い、私はそんな体験をせずに済んだのですが・・・・


『人間にとって、最大の幸福とは何か。 それは、新しい発展に参加することだ。』
                              ~ガガーリン

 出典 ⇒ http://www.meigensyu.com/quotations/view/2808.html


【クリックするだけで救われる命があります】
クリック募金によるNPO支援や、企業とのコミュニケーションを通じて
“持続可能な社会づくり”を推進するサイト
⇒ http://www.dff.jp/

[広告]

ページの先頭へ