メールマガジンバックナンバー

ピークパフォーマンスを維持せよ

困った時に読むメルマガ『交渉術で道は拓ける』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━09.04.08━━



いつもご購読有難うございます。

 
   今日が初めてという方・・・・・はじめまして

就職活動中の皆さんや、
社会人3年目ぐらいまでのフレッシュマンの皆さん向けに

【困った時に読むメルマガ】
読むと元気が出るメルマガを目差しています。


これからもよろしくお願いします。





今日のテーマ

∥ピークパフォーマンスを維持せよ

∥    ~最強の集中力より

  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄




───────────────────────────────────
☆ ピークパフォーマンスを維持せよ
───────────────────────────────────

WBCの決勝戦、10回表 3-3
ツーアウト2,3塁からイチローが放った決勝打

まだ覚えている人もいると思いますが、
もう一度みてみましょう!

⇒ http://www.youtube.com/watch?v=KzZMotE-0i4


不振だったイチローにようやく
イチローらしさが戻ってきたWBCの終盤でしたが

いつものように冷静な顔つきのイチロー
何の気負いも感じられません。


実は、このような冷静な顔でいられる時こそ
集中力が高まっている時なのです。



『最強の集中術』
ルーシー・ジョー・パラディー 著

今日ご紹介する本ですが
ビジネスやスポーツで、自分の持っている力をフルに発揮させる“集中力”

この集中力を、ピークの状態に保つ方法が書かれている本です。



『集中ゾーンへ導く8つの鍵』について書かれています。
8つの鍵とは

1.まずは自分を知る
2.気分転換のスゴ技
3.先延ばし撃退法
4.不安を打ち負かす
5.緊張をコントロール
6.やる気を奮い起こす頭の使い方
7.段取りを整える
8.生活習慣から意識する

なのですが、すべての鍵に渡って基本となっている考え方があります。

それは、「ヤーキーズ=ドットソンの法則」と言われるものです。

集中力が発揮されるのは
意識が高ぶって、すごい緊張状態にある時と思いがちなのですが
図のようにどちらに偏ることも無く、適度な緊張状態にある時に
最高の集中力が発揮される。

という考え方です。


図の曲線は、逆U字型カーブを描いています。
カーブの頂点が、ピークパフォーマンスと呼ばれる
最強の状態です。


人間の意識は
常に変化しており、この逆U字型カーブに沿って
右にいったり左にいったりしています。

最強のピークにとどまることは非常に難しいのですが
あの時のイチローは、まさにピークパフォーマンスだったのです。


左右にふれるのは仕方の無い事ですが、
振れ巾が小さく、常に「集中ゾーン」に入っている状態を作ることができれば
どうでしょう?

仕事やスポーツあるいは人生で、好成績を上げることは誰でも願っていることです。


そんなことを可能にする
意識をコントロールする手法が書かれている本です。




───────────────────────────────────
☆ 第1の鍵~まずは自分を知る
───────────────────────────────────

自分を知る・・・・・

すごく難しいことですね!
自分を知るって・・・・・


「あなたはどんな人ですか」
と聞かれて、スラスラと言える人ってあまりいないと思います。


意識をコントロールするには
この難しいことをまずやらなければなりません。


自分を知る為に3つの手法が紹介されています。

1.心の番人
2.アドレナリン・スコア
3.自分は今、何をやっていないか?



「自分に対して距離を置いて見る!」


自分自身を、他人が見ているように認識してみるんです。
ただ、ここで注意をしないといけないのは

自分を批判するんではないのですね。
「ミスばかりが多い」
「気が散っているせいだ」
「昨日は飲みすぎたからだ」

こんな風に自分を責めるのではなく

「実行する前にもういちど点検してみれば」
「いまやるべきことはなんなのだろう」
「昨日のような飲み方は二日酔いになるんだよ」

と、もう一人の自分の声が聞こえるようになったらしめたものです。

このような自分の声を
『心の番人』と言っています。


心の番人からの声を
キャッチできるようになるには
多少の時間はかかるようですが

常に意識していると、声が聞こえるようになると思います。



『アドレナリン・スコア』という言葉が出てきます。

先ほど見ていただいた図の、右にいけばいくほど
アドレナリンの分泌量が増えていきます。

アドレナリンは副腎から分泌されるホルモンですが
興奮状態になった時に多量に分泌されます。

この分泌量を、自分なりに多いか少ないかを判断して、
自分が今、どんな状態なのかを知るわけです。


分泌量が多いな!
と思ったら、休憩するとか昼寝をするとか、散歩に出るとか
逆U字型カーブの左側になるようにコントロールします。

逆に、ボーとしていて
アドレナリンがほとんど出てないぞ!と感じたら、
ヘビメタを大音量で聴くとか、外に出て短距離をダッシュしてみるとか
興奮状態を自分で作るのです。


右にいくか左にいくかは
図の「集中ゾーン」のどこに自分は今いるのかを
判断することから始まります。


『アドレナリン・スコア』を
自分なりに意識してみて、コントロールする。
最初は、正確な判断は出来ないかもしれませんが
続けてやっているうちに、コツがつかめると思います。



『自分は今、何をやっていないか?』

禅問答のような問いかけですが
人間には不安から逃避しようとする心の働きがあります。


今月は受注の見込みが無く
方法が無いので、飛び込み営業でもやろうかと
出かけてはみたが、30軒も断られると
「次もまた断られる」という不安が気を重くさせます。

気が付くと自分はネットカフェにいた。


そんな時『自分は今、何をやっていないか?』
と問いかける。


この3年間、ある資格試験にチャレンジしている。
今年は4回目だ!

またやっても落ちるのではないか・・・
こんな気分が、試験勉強にも集中できず
ついつい、ネットサーフィンで時間が過ぎていく毎日だ。

『自分は今、何をやっていないか?』



こんな問いかけをやってみるんですね。
そして、自分が本来持っている課題に真正面から向き合うことが
必要なことなのです。




───────────────────────────────────
☆ 自分を知ると気が重くなる
───────────────────────────────────

『最強の集中術』
252ページの本なのですが、
最も大事な部分は、どうやらこの 【第1の鍵~まずは自分を知る】
なんですね。

第2の鍵以降は具体的な手法が述べられていますが
第1の鍵・・・・特に『自分は今、何をやっていないか?』
を考えちゃうと、気が重くなってきます。

この本の壁ですね、ここは!



『自分は今、何をやっていないか?』
を自然体で考えられるようになると、第2の鍵以降に書かれていることは
スンナリ自分のものに出来るような気がします。

ここで、つまづいてしまうと、
先に進んでも単なる手法の為の手法で終わってしまうように思います。


あなたは今、何かから逃げていませんか?
逃げる為に、他の事に熱中していませんか?


そんな問いかけをやってみるんですね!



次回は
第2の鍵以降から、重要だなと思うポイントを
ご紹介します。

それまで、『自分は今、何をやっていないか?』を
考えてみて下さい。




───────────────────────────────────
☆ 2010年就職情報
───────────────────────────────────

■新着情報 4/7までにエントリーを開始した企業

2010年度 エントリー開始企業情報は
⇒ http://www.businessman21.com/entry/2009/04/post_42.html



----------------------------------------------------------------------
■編集後記

しばらく忙しくて
面接突破のキーワードを更新していませんでした。

一昨日、1ヶ月ぶりに更新しました。
こんなことを書いてみました。

面接に臨む前にもう一度考えてほしいのです。
・何故、自分はこの業界をえらんだのか?
・何故、自分はこの会社を選んだのか?
・本当にこの業界で自分はやって行こうと思っているのか?
もう一度考えて下さい。

『買い手市場の就活では・・』
 ⇒ http://keywordlib.seesaa.net/article/116963067.html


【クリックするだけで救われる命があります】
クリック募金によるNPO支援や、企業とのコミュニケーションを通じて
“持続可能な社会づくり”を推進するサイト
⇒ http://www.dff.jp/

[広告]

ページの先頭へ