メールマガジンバックナンバー

願いを叶えるウソの法則

困った時に読むメルマガ『交渉術で道は拓ける』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━09.04.22━━



いつもご購読有難うございます。

 
   今日が初めてという方・・・・・はじめまして

就職活動中の皆さんや、
社会人3年目ぐらいまでのフレッシュマンの皆さん向けに

【困った時に読むメルマガ】
読むと元気が出るメルマガを目差しています。


これからもよろしくお願いします。





今日のテーマ


∥★ 願いを叶えるウソの法則

∥★ ほんとの仲間

  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄




───────────────────────────────────
★ 成功法則には必ずある基本の法則
───────────────────────────────────

“信念の魔術”とか“マーフィーの成功法則”など
成功法則には必ずと言っていい、ある法則が共通して出てきます。


それは
願うこと!

願いは叶うと言いますが、願いが無ければ叶うもなにも
始めから何も無いわけです。

だから、何か実現したいことがあれば、
まず、願うこと!

これが何より大事なことなのです。



───────────────────────────────────
∥ 脳のメカニズム
───────────────────────────────────

人間の脳の働き・メカニズムは
まだまだ未知の領域が多く、完全に解明されたわけではありませんが
はっきりしてきたことがあります。

それは
ビジネスや人生において極めて重要な認知力や判断力
それらを司っているのが前頭葉、とりわけ大脳新皮質と言われる部分だということです。

願いを叶える秘密もこの大脳新皮質に関係しているということです。



───────────────────────────────────
∥ ウソは予定未来
───────────────────────────────────

今日ご紹介する本は
『ウソの法則』

サブタイトルに『100%願望をかなえる』
とあります。

著者は
ルーマニア名誉領事 スピール・ハーレ大学教授(ルーマニア)の
佐藤富雄さん

出版社は幻冬舎です。
200610月25日 第1刷



ウソとは言っても
人を騙そうとするウソではありません。

他人を幸せに導くウソ
そして、自分をハッピーにするウソの法則です。


大きくなったらパイロットになるんだ!

こんな夢を話す子供の言葉
まともに聞いたらウソでしかありません。


しかし、こんなウソが将来
本当になったりするわけです。

つまり願いをかなえる法則が、ウソの法則です。




書かれていることの本質は
“信念の魔術”といっしょです。
ですが、非常にわかりやすい。


“信念の魔術”は
時に眠くなることがあったりしたのですが
この本は、いっきに読めてしまいました。


前半部分にこんなことが書かれています。

『私たちが考えたことは、大脳新皮質(新しい脳)から身体の機能を
 支配する自律神経系(古い脳)を通じて全身に伝わり、
 私たちを操ってそれを実現させます』

そして

『自律神経系の大きな特徴は、想像と現実の区別がつかない』

さらに

『自律神経系は自他の区別がつかない』

さらにさらに

『自律神経系は時制の区別がつかない』


これらを読んだ時に
な~るほどな~

と思ったものです。


何故、願いがかなうのか・・・・・
のメカニズムが、自律神経系の特徴にあったのです。


つまり、
大脳新皮質で考えたこと・・・・・これは、ほとんど言葉を使って考えています。
 ~言葉がすごく大事なのですが~


考えたこと、言ったこと
それらは

○ 本当のことかウソなのか区別がつかない
○ 誰に向かって言ったのか区別がつかない
○ いつのこと(過去のことを言っても現在のことと判断する)か区別がつかない


自律神経系にはこんな特徴があるのです。


例えば友人が
『俺は3年以内に事業を起こし社長になるんだ!』
と言ったとします。

それを聞いたあなたは
『そんなこと、お前に出来るわけないだろう!』
と言ってしまうと、その瞬間に

あなたの自律神経系には、
『出来るわけがない!』という言葉に反応した作用が生まれます。

つまり、友人ではなく、あなたが3年以内に社長になることは出来なくなります。


もうひとつ・・・・・・

過去に大きな失敗をした人は
いつまでもその事が忘れられません。

何か新しいことをやろうとすると、必ず
あの過去のことを思い出します。

『また、失敗するのでは・・・・・?』

すると、自律神経系は
失敗する方向に作用します。



成功する為には、自分にとっても他人にとっても
気持ちのよいウソをつくことです。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


本の最後 第6章には『ウソの達人になるための10カ条』がまとめられています。

それをご紹介します。
1.ウソの達人は、「自分は相手に何ができるだろう」と考える
2.ウソの達人は、夢見る達人
3.ウソの達人は、逃げ道を用意しない
4.ウソの達人は、いつでもハッピーな言葉を使う
5.ウソの達人は、自分と他人を比べない
6.ウソの達人は、名俳優
7.ウソの達人は、感動体質
8.ウソの達人は、明確な「なりたい自分」がある
9.ウソの達人は、魅力的な表現力の持ち主
10.ウソの達人は、遊び心に満ちている



あなたを成功へ導くウソのつき方!
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
是非、実践してみて下さい。



───────────────────────────────────
★ ほんとの仲間
───────────────────────────────────

ウソの話の次は
【ほんとの仲間】というお話です。


いつも購読しているメルマガがあります。
知っている人もいると思いますが・・・・・

営業戦略・マーケティング戦略専門コンサルタントをされている
中久保浩平さんのメルマガ【ビジネス真実践】です。


昨日のメルマガに書かれていたことなんですが
その冒頭に ドキ! とすることが書かれていました。

昨夜、中久保さんにメールをして、転載の許可をいただいたので
ご紹介します。


ここから/////////////////////////////////////////////////////////

悩みや不安を抱えた人同士、
情報交換っていったところで、

「こうこうこういうことで今悩んでいるんですよ。」
「私もなんですよね。」
「なにかいい方法ってないもんですかねぇ~。」
「ほんとですよねぇ。そういった情報があったら教えて欲しいですよねぇ。」

なんて、互いの悩みごとや不安なことを確認し合い、

「あ~自分だけじゃなかったんだ。」
「やっぱり同じように悩んでいる人はいるんだなぁ。」

などと、妙に安心してしまい、そこで終っていくのです。

/////////////////////////////////////////////////////////ここまで


『傷のなめあい』なんて言葉がありますが、
同じ不安や悩みを持った人同士が集まる場に
身をおいても、なんにもならない・・・・・

ということです。
そんなのは『ほんとの仲間』ではナイ!


では、どうしたらほんとの仲間と出会えるのか?

つづきはこちらへ
⇒ http://archive.mag2.com/0000129545/index.html

*時間が経つとバックナンバーが最新号に変わっているかもしれません。
 『ほんとの仲間』のつづきを読みたい! という方はメールを下さい。


中久保さんのこれまでのメルマガバックナンバーを再編集したものが
ダウンロード出来ます。こちらへ
⇒ http://xam.jp/get.php?R=8635&PR=1095


───────────────────────────────────
☆ 2010年就職情報
───────────────────────────────────

■新着情報 4/21までにエントリーを開始した企業

2010年度 エントリー開始企業情報は
⇒ http://www.businessman21.com/entry/2009/04/post_44.html



----------------------------------------------------------------------
■編集後記

今日ご紹介した【ウソの法則】

この本を読んでいる最中に、他に2冊読んでいました。

私の本の読み方は
1冊を最初から最後まで~という読み方はしません。

2~3冊の本を、同時に読む方法です。
同時とはいっても、朝【ウソの法則】を読んでいたら
昼には違う本を・・・・・
とこんな感じです。

そして、1週間で3冊ぐらいを読み終えます。


2年ぐらい無料で冊子を送っていただいている方がいます。
『不思議研究所』の森田健さんです。
 http://www.fushigikenkyujo.com/menu.asp

森田健さんについては、いつかメルマガのテーマにしようと思っていますが
最近、新著を出されたので早速購入して読みました。


【運を良くする】というタイトルです。
六爻占術という占いについて書かれているのですが、
占いのことよりも、読んでいてある気付きがありましたので
次回はそのことについて書いてみようと思っています。

それでは、次回もよろしくお願いします。


【クリックするだけで救われる命があります】
クリック募金によるNPO支援や、企業とのコミュニケーションを通じて
“持続可能な社会づくり”を推進するサイト
⇒ http://www.dff.jp/

[広告]

ページの先頭へ