メールマガジンバックナンバー

コミュニケーション取れてますか?

困った時に読むメルマガ『交渉術で道は拓ける』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━09.05.07━━


いつもご購読有難うございます。

 
   今日が初めてという方・・・・・はじめまして

就職活動中の皆さんや、
社会人3年目ぐらいまでのフレッシュマンの皆さん向けに

【困った時に読むメルマガ】
読むと元気が出るメルマガを目差しています。


これからもよろしくお願いします。





今日のテーマ



∥★ コミュニケーション取れてますか?

  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


───────────────────────────────────
★ コミュニケーション取れてますか?
───────────────────────────────────

連休も終わり、今日からスタートという人も多いかもしれません。

私の連休は、ほぼ予定通りこなすことが出来、
今日からリアルのビジネスも開始です。


連休中に『伝わる化』
という本を読んでいました。

タイトルが気になって読んでみたのですが
現代のオフィス環境にある
『仕事ができなくなる仕組み』にゾッとします・・・・


今日は『伝わる化』をご紹介!
著者は、元リクルート勤務で
現在は、(有)エマメイコーポレーション代表取締役の 大塚 寿氏 と
(株)ゼロイン取締役の 姥谷芳昭氏 との共著
出版社は PHP研究所
2008年8月7日の初版です。



───────────────────────────────────
∥ サイレントオフィスの恐怖
───────────────────────────────────

あなたはオフィスで一日どのくらいおしゃべりをしていますか?


メール、グループウェアと
私たちは毎日、たくさんの時間をパソコンの前で仕事をしています。

当然のように無言でキーボードを叩き、関連情報をネットで探し
会議の連絡や報告などもメールで送信し、言葉を発することもなく
業務は片付いていきます。


オフィスでいちばん会話がされている場所をご存知ですか?


喫煙室なんだそうです!


いまや喫煙室には、タバコを吸わない人も集まってくるそうです。
その理由は・・・・・

情報を求めて!



『伝わる化』には
かって日本のオフィスに存在した“油売り”の話が出てきます。

部門を離れて、横断的に様々な部門に顔を出し
公的ルートでは得られない情報を収集してくる。

そして、イザとなった時にその情報は問題解決の有力情報になったりする。

ところが、今やオフィスには“油売り”の存在は許されず
その為、企業の底力的なものが失われている!

といった指摘がされています。


自ら“油売り”として情報収集に励む事は出来ないが
自然と情報が入ってくる場所がある・・・・それが喫煙室!


だから情報を求めて“非喫煙者”までもが喫煙室にやってくる。



現代のオフィスは
会話の少ないサイレントオフィスに変わってしまいました。

日本語というものは
『空気が読めなければ理解できない言葉』だそうです。

逆に、空気が読めると、たった一言でもすべてを理解することが出来ます。

これを『ハイコンテクストな言語』というそうです。
ある研究者によると
日本語は最も高い『ハイコンテクストな言語』であり
英語は『ローコンテクストな言語』と位置づけられます。


ただ、『ハイコンテクストな言語』も空気が読めないと
『ローコンテクストな言語』に変わってしまいますが・・・・


空気を読めるようになるには、訓練が必要なようです。


その訓練とは
“オジサン世代のおせっかい”



オジサン世代が黙々とキーボードを叩いている会社は
やがて潰れるだろうとも言っています。


あなたの会社は
元気な声が飛び交っていますか?

もしもサイレントオフィスであったら
大変・・・危険です!!




───────────────────────────────────
∥ 上司と飲みに行ってますか?
───────────────────────────────────

サイレントオフィスから脱却する為には
コミュニケーションの復活が必要です。


その為に簡単にできること・・・
先輩や上司と飲みにいきましょう!


『課長、これから一杯どうですか? 割り勘で!』
と声を掛けてみましょう。


上司を飲みに誘う・・・・・
何か相談ごととかないと、話題がない・・・・

こんな事を考える必要はありません。
サイレントオフィスにいる上司は
生の会話に飢えていますから、
特別、話題がなくとも大丈夫です。

元々は、“油売り”世代の先輩ですから
飲むうちにやがて、次から次へと話題が飛び出してきます。


普段のオフィスでは聞けない話もどんどん出てきます。



───────────────────────────────────
∥ 伝えたいけど伝わらない
───────────────────────────────────

著者は、ご自身の会社の部下を見ていて
『伝えたいけど伝わらない』現象にとまどいを感じていたそうです。

その原因のひとつが
デジタル化した情報伝達です。


デジタルでは、言葉の奥にある微妙なニュアンスを伝えることができない。
せいぜい(笑)とか(汗)、時には(爆)などの表現をメールに入れて、
何とかニュアンスを伝えようとしますが
もともとビジネスメールではこんな表現は出来ません。


もっと生のコミュニケーションが必要なんだ!
このままでは、日本のビジネス・社会は、
『ローコンテクストな言語』を操る、欧米に遅れをとってしまう。


日本語という、特殊な言語社会を持つ国の特殊性に着目し
日本らしいコミュニケーションの復活を提唱した本です。



営業成績が上がらないとか
仕事がうまくこなせないとか
ふさぎこむ事がすごく多いとか


もしかしたら、サイレントオフィスが原因かも知れません。


───────────────────────────────────
☆ 2010年就職情報
───────────────────────────────────

■新着情報 5/5までにエントリーを開始した企業

2010年度 エントリー開始企業情報は
⇒ http://www.businessman21.com/entry/2009/05/post_46.html

【クリックするだけで救われる命があります】
クリック募金によるNPO支援や、企業とのコミュニケーションを通じて
“持続可能な社会づくり”を推進するサイト
⇒ http://www.dff.jp/

[広告]

ページの先頭へ