メールマガジンバックナンバー

プレゼンテーションの鉄則

困った時に読むメルマガ『交渉術で道は拓ける』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━09.05.13━━



 
   今日が初めてという方・・・・・はじめまして

就職活動中の皆さんや、
社会人3年目ぐらいまでのフレッシュマンの皆さん向けに

【困った時に読むメルマガ】
読むと元気が出るメルマガを目差しています。


これからもよろしくお願いします。



今日のテーマ



∥★ プレゼンテーションの鉄則

  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


───────────────────────────────────
★ プレゼン バイブル
───────────────────────────────────

今日とりあげる本は
『プレゼン バイブル~人を動かす50の黄金律』』

著者は、経営コンサルタントの八幡緋芦史さん
出版社は ソフトバンククリエイテイブ(株)
2009年3月6日の初版です。


プレゼンテーションは
仕事ばかりではなく、恋愛とか友人・仲間を作るとか
就職活動そのものもプレゼンです。

自分という商品を、いかに提案し、納得してもらって、購入いただくか
という一連の流れの中で、
あなた自身が脚本を書き、演出をして、自ら演じるパフォーマンスです。

そこには、50のゴールデンルール(黄金律)があると
著者は言っています。


50のルール
すごく多いのですが
ひとつひとつを読んでいくと
「ナルホド」と納得するもの
少し首を傾げたくなるものもありましたが

全体としては
『相手の心理を考えた組立て方』が出来ていないと
プレゼンテーションは失敗する・・・・・


こんな風に感じます。

相手の心理・・・・・
つまり、プレゼンテーションとは
相手へのプレゼント=贈り物です。


贈り物である! という視点がプレゼン成功の法則ですね。


50の黄金律からいくつかピックアップしますと・・・・・


∥ 言いたいことを言うな
───────────────────────────────────

プレゼンの準備をする
言いたいことをメモ出ししてみる。

どんな順番がいいのか?
何から説明しようか?

プレゼン全体の流れを決める重要なことです。
しかし、ここで大きな間違いをしてしまうのです。


言いたいことの順番を
“自分目線”で決めてしまうことです。


相手の“聴きたいこと”は何か?

だから・・・言いたいことを言ってはいけないわけです。


∥ 時間を忘れさせよ
───────────────────────────────────

相手に時間を認識させるような、物を見せたり、言ってはいけない!
というルールです。


プレゼンの会場、聴き手の正面には時計を置いてはいけない。
『私の話は1時間です』などの時間を予告してはいけない。
『あと5分で終わりですが』などは、もってのほか。


プレゼンが終了した時に『エッ、もう終わり』
と聴き手が感じてくれたら大成功!


プレゼンの最中も、聴き手の心理は常に変化しているわけですが
時間が気になることほど、最悪のパターンは無いということです。


∥ 見せてから言え
───────────────────────────────────

何を見せてから言え!
と言っているのかと言いますと

著書の中では

ボディランゲージやビジュアルスライド、ホワイトボード
などのことです。


例えば
『○○には、たった一つ大事なことがあるのですが、それは・・・・・』
と、人差し指を1本立てるタイミングです。

A 『それは・・・・・』と言いながら指を立てる
B 『たった一つ大事なことがあるのですが』と言ってから指を立て、そして
 『それは・・・・・』と続ける
C 『それは・・・・・』と言ってから指を立てる

以上の3つのパターンがあるわけですが、
聴き手の意識をキャッチできるのは・・・Bのパターンです。

このタイミングのとり方は、
ホワイトボードに文字や図を書き込んで説明する時も同様です。


*********************************


以上、50のうちの3つだけを取り上げてみましたが
プレゼン だけではなく、日常のコミュニケーションでも
大切な“相手目線”に気づかされる内容です。

───────────────────────────────────
☆ 2010年就職情報
───────────────────────────────────

■新着情報 5/12までにエントリーを開始した企業

2010年度 エントリー開始企業情報は
⇒ http://www.businessman21.com/entry/2009/05/post_47.html


【クリックするだけで救われる命があります】
クリック募金によるNPO支援や、企業とのコミュニケーションを通じて
“持続可能な社会づくり”を推進するサイト
⇒ http://www.dff.jp/

[広告]

ページの先頭へ