メールマガジンバックナンバー

中国との交渉術

困った時に読むメルマガ『交渉術で道は拓ける』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━09.05.27━━


いつもご購読有難うございます。

 
   今日が初めてという方・・・・・はじめまして

就職活動中の皆さんや、
社会人3年目ぐらいまでのフレッシュマンの皆さん向けに

【困った時に読むメルマガ】
読むと元気が出るメルマガを目差しています。


これからもよろしくお願いします。


今日のテーマ



∥★ 中国との交渉術

  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


───────────────────────────────────
★ 中国人に絶対負けない交渉術
───────────────────────────────────

今日は、【中国人に絶対負けない交渉術】
のご紹介です。

著者は 吉岡 健さん
元 安宅産業の商社マンで、1977年に対中経済コンサルタントとして
独立した方です。

出版社は 草思社
初版は2007年2月1日


───────────────────────────────────
★ 中国でビジネスを・・・と考えているわけではありません!
───────────────────────────────────

『交渉術』というタイトルが気になって
思わず読むことになった本です。

内容としては、永年、中国に進出する企業のコンサルタントをやられてきた
著者ですので、非常に話がリアルで分かりやすい本です。

中国でのビジネスに関わっている人は、一度は読んだ方がいいと思える内容です。


中国は、広大な国土と56もの民族が暮らす国です。
それだけに、地域によって、文化や習慣といったことから
人間性まで、非常に多様なものを持った国です。

ひと口に『中国』と言っても、切り口や切った場所によって
まったく異なった様相を見せます。


著者は、その多様性をある程度の類型にまとめて
それぞれひとつひとつの類型について、交渉の秘訣を解説しています。


実際に現場にいた者でなければ、感じる事のできない臨場感を伴って
筆はどんどん進んでいきます。


中国ビジネスとはまったく無縁の私でも
どんどん引き込まれるように読み進むことが出来ました。


───────────────────────────────────
★ 交渉術は徹底的に相手(敵)を知ること
───────────────────────────────────

この本を読んで感じたことです。
あたり前と言えばそれまでなのですが、
なかなかこれが出来ません。


国内においても
『関東と関西では商売の仕方が違う』とよく言われます。

そして、最も商売のしづらい地域が
名古屋だとも言われています。


長い間
上方と江戸の中間に位置し、どちらにも適応できる能力を自然と尾張の人たちは
身につけてきたと言われます。


木下藤吉郎のような“調整型”の政治家が生まれたのも
尾張という地だったからかもしれません。


商売は交渉術の成否が結果に表れる最たるものです。

北海道で作られたものが、首都圏では良く売れるが
仙台ではまったく売れないとか、静岡でもだめだとか
といったこともあります。


中国ほどの違いは無いのでしょうが
地域差というものを無視しては、商売はうまくいきません。


地域差とは・・・
そこに暮らす人々の価値観・性格という個人的なものから
政治や制度のしくみ、歴史や習慣などの社会的なものからの影響

それらが複雑にからみ合って、○○のあたりは商売がし易い・・・
とか言われるようになっているのだと思います。


中国でのビジネスの実態を知ると
日本は、たいへんいい国だなと思います。

上に書いたような地域差は多少あっても
まだ、理解に苦しむようなことってのはあまりありません。


○ 契約違反を平気でやる
○ 法律よりも仲間の掟が優先される
○ 人間関係を『利用価値』で判断する
○ すべての価値は、利潤で計算する
○ 目的の為には平気でウソをつく
○ 『熱烈歓迎』は、だますための罠

まだまだいろいろ出てきます。
中国相手のビジネスで著者が教訓として得たものです。


ここまでひどくはありませんが
国内でも、似たようなことは時々あります。


『食品偽装』などはその典型です。
ですが、日本の場合は
偽装が発覚すると、マスコミで徹底的に叩かれ
偽装を行なった会社は、どんな老舗であろうと
破産にまで追い込まれます。

それが、あたり前だという感覚がありますが
海外ではまったく事情が異なることを
知っておいた方がどうやらいいようです。


殺虫剤入りギョウザ以来、
中国産食品はすっかり信用がなくなっていますが
どうしてあんなことが起きたのか

この本を読んで・・・納得できました。

【中国人に絶対負けない交渉術】
  ⇒ http://www.businessman21.com/sp/china-kosyo.html


───────────────────────────────────
☆ 2010年就職情報
───────────────────────────────────

■新着情報 5/26までにエントリーを開始した企業

2010年度 エントリー開始企業情報は
⇒ http://www.businessman21.com/entry/2009/05/post_49.html


----------------------------------------------------------------------
■編集後記

交渉術がまったく役に立たないのが
北朝鮮です・・・・・


何を言ってもウソばかり言う
平気で約束を破る
自分の都合で勝手なことをする


こんな人って、個人の付き合いでもビジネスでも
いたりします。

そんな人とは、付き合わない・取引しない・・・
これが最善の方法ですが、国際社会ではそうもいきません。


この先どうなるのでしょうか?


【クリックするだけで救われる命があります】
クリック募金によるNPO支援や、企業とのコミュニケーションを通じて
“持続可能な社会づくり”を推進するサイト
⇒ http://www.dff.jp/

[広告]

ページの先頭へ