メールマガジンバックナンバー

レバレッジで無限大の成果を

困った時に読むメルマガ『交渉術で道は拓ける』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━09.06.17━━


いつもご購読有難うございます。

 
   今日が初めてという方・・・・・はじめまして

就職活動中の皆さんや、
社会人3年目ぐらいまでのフレッシュマンの皆さん向けに

【困った時に読むメルマガ】
読むと元気が出るメルマガを目差しています。


これからもよろしくお願いします。


今日のテーマ



∥★ レバレッジで無限大の成果を

  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

今日は【レバレッジ・シンキング】
をご紹介します。

著者は レバレッジコンサルティング(株)CEO 本田直之氏
2007年7月12日 東洋経済新報社からの出版です。


前回の【30代までに鍛えておきたい仕事の筋トレ】と
 http://archive.mag2.com/0000264176/index.html

あわせて読みたい本です。


───────────────────────────────────
∥ レバレッジとは
───────────────────────────────────

レバレッジとは、ご存知の方も多いと思いますが
梃子の原理です。

小さな力で大きな力を生み出す原理・・・・・

投資手法で使われる言葉ですが
日常のビジネスでも、レバレッジを考えた行動をするかしないかで
大きく成果は異なってきます。


著書では
○ 労力のレバレッジ
○ 時間のレバレッジ
○ 知識のレバレッジ
○ 人脈のレバレッジ

について解説されています。


───────────────────────────────────
∥ 労力のレバレッジ
───────────────────────────────────

少ない労力を使って多くの成果をあげるには
マニュアル化やフォーマット化が大事なことです。

ただしどこの会社にもあるような“マニュアル”通りに仕事を行なう
という意味ではありません。


マニュアルは常に見直しが必要です。


他のスタッフの成功事例を公開することによって
成功要因や仕組みを共有する。

そうすることによって、組織全体の目標達成能力が底上げされる。

例えば『楽天』の例があげられています。


普通の会社であれば
「仮説→実行→検証」で終わるところを、楽天では

「仮説→実行→検証→仕組み化」とやっているそうです。


成功事例をマニュアルにまで落とし込む
だから、無駄な試行錯誤を省略して、短時間で成果に結びつくことが
可能なのでしょう。


もちろん、マニュアル化する作業には時間がかかりますが
マニュアル化した後の仕事のスピードがまったく違うのです。


普段なにげなくやっている、ルーチンワークにも
見直すとたくさんの時間短縮手法を利用できます。

そうして生まれた余裕の時間を、
もっと創造的なことを考える時間に振り向けることが出来ます。


労力のレバレッジは
あなたに磨きをかけることにもなるのです。


───────────────────────────────────
∥ 時間のレバレッジ
───────────────────────────────────

1日24時間、1年365日
すべての人にとって共通のことです。

公平に与えられた時間の中で
他に差がつくのは、時間の使い方です。


時間の使い方こそ、成功するかしないかの大きな要素なのでしょう。

例えば、毎日ある訓練をやったとします。英会話の勉強でもいいでしょう。

1日10分です。


1年継続すると3,650分・・・つまり60時間です。
10年継続すると、600時間・・・つまり25日間もの差が
やった人とやらなかった人ではつきます。


1日10分のメニューが5つあったら、
5つのジャンルで他の人に大きな差をつけることができます。


行なう事は
1日たった10分のことです。


そんなことを継続して出来るためには
“時間割”を作ることだと著者は言っています。


学生時代にはお馴染みだった“時間割”です。

1時限目「国語」2時限目「数学」3時限目「物理」・・・あれです。


時間割をつくることが
1年後、2年後に大きく成長したあなたを見ることになるのです。



───────────────────────────────────
∥ 知識のレバレッジ
───────────────────────────────────

本をよく読む人、読まない人・・・
単行本は読まないにしても、雑誌やコミックはよく読む
という人もいます。

何のために読んでいるのか・・・・・?
を考えてみましょう。


○ 暇つぶし
○ おもしろいから
○ 知識の吸収のため

いろいろあると思いますが
読んだ本から知ったことを、実践する!
自分流にアレンジして応用してみる!


こうすると、知識のレバレッジがはたらき
思わぬ効果が発揮されます。


著書の中では
ある上場企業が『V字回復の経営』(三枝匡著 日本経済新聞社)
を社員全員が読むことによって、危機を脱した過程が書かれています。


本以外にも
ウェブサイトやテレビなどのメディアから吸収した知識を
いかにレバレッジをかけて応用・実践するかが大きなポイントなんですね。


───────────────────────────────────
∥ 人脈のレバレッジ
───────────────────────────────────

一人では何もできない!

成功した人が必ず言うことは
『たくさんの協力してくれる人がいたから・・・・・』
これにつきます。


人脈とは
一人の力を10倍にも100倍にも拡げるものです。


本当に意味のある人脈とは
イザという時に力になってくれる人脈づくりとは

それは、自分自身の考え方にあります。


例えば
何かのセミナーでいろんな人と名刺交換をしたとします。
かなり著名な人の名刺ももらえたかもしれません。

ですが、それだけで人脈が形成されたわけではないのです。


本当の人脈とは・・・・・・


あなたのファンを作ることです。


───────────────────────────────────
☆ 2010年就職情報
───────────────────────────────────

■新着情報 6/16までにエントリーを開始した企業

2010年度 エントリー開始企業情報は
⇒ http://www.businessman21.com/entry/2009/06/post_52.html


----------------------------------------------------------------------
■編集後記

昨年からの不景気の影響で
住宅が競売にかけられる件数が増大していると言われています。

先日もテレビで『6月危機』が言われていましたが
こんな記事もあります。
⇒ http://www.business-i.jp/news/sou-page/news/200906160013a.nwc


金融機関が相談にのるケースは
基本的には滞納がない状態の場合です。

すでに滞納が発生している場合には
相談にはのってくれません。


滞納解消あるいは任意売却へと進んでいきます。


返済に不安を感じるようだったら
滞納がおこる前に相談にいくことが必要です。


持家ばかりでなく、借家・アパート・賃貸マンションでも
家賃の滞納が多くなっています。

大家さんや管理会社に何も連絡せずに滞納を繰り返していると
ますます信頼関係が無くなっていきます。

電話1本でいいから『今月分は今月末に必ず・・・・』
と連絡をしておくだけで、対応は違うものです。


先手を打つ!
先に動く!

こんなことも有利な立場に立つ交渉術の秘訣です。


【クリックするだけで救われる命があります】
クリック募金によるNPO支援や、企業とのコミュニケーションを通じて
“持続可能な社会づくり”を推進するサイト
⇒ http://www.dff.jp/

[広告]

ページの先頭へ