メールマガジンバックナンバー

直感で決断する

困った時に読むメルマガ『交渉術で道は拓ける』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━09.06.24━━


いつもご購読有難うございます。

 
   今日が初めてという方・・・・・はじめまして

就職活動中の皆さんや、
社会人3年目ぐらいまでのフレッシュマンの皆さん向けに

【困った時に読むメルマガ】
読むと元気が出るメルマガを目差しています。


これからもよろしくお願いします。




今日のテーマ



∥★ 直感で決断する

  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

今日は【人生のすべてを決める鋭い「直感力」】
をご紹介します。

著者は リン・A・ロビンソン
翻訳・解説は 経営コンサルタントの本田健氏
2008年5月25日 三笠書房からの出版です。


───────────────────────────────────
∥ 問題解決の“最強のツール”
───────────────────────────────────

が身に付く本!
とサブタイトルに書かれています。


直感によって決断・判断することを推奨し
その具体的な方法について書かれた本というのは
少ないのではないかと思います。


直感・・・というと

先日のテレビドラマ『刑事一代』
ご覧になった方も多いのではと思いますが

私も二日間、テレビの前に釘付けでした。


普段はあまりテレビをじっくりと観ることが無いのですが
たいへんおもしろく、よくできたドラマでした。


刑事もののドラマには必ず出るセリフ
『デカの勘』


直感を説明するいちばん分かりやすい言葉です。


では、直感はどこから生まれてくるのか
あたり前のことですが、自分自身からです。

自分では分からない
優れた能力を人間は持っているのだと
いうことに気づく
それを肯定する

そうでなければ“直感”に従うことなど出来ないのかも知れません。


60年近く生きてくると
そう言えばあの時は・・・・・


と感じることがあります。

直感的に・・・・オカシイぞ!

と思ったのに、
そのまま進んでいって大きな失敗に終わってしまった。

そんなことがすごく多いな~と感じています。


また、苦しい時に選んだ決断によって
何とか危機を乗り越えられた。

こんなこともあります。


すべては結果論なので、
その時に“直感”がどう働いていたのかは
今となっては分かりません。


しかし、“直感”にしたがってみる
直感を積極的に利用してみる


そんな姿勢は“あり”だと思います。


この本を読んだからといって
すぐに問題解決がどんどん出来る・・・・
こんなことは無いと思いますが

長い人生の中では
“直感”に助けられることって
必ずあります。


頭のどこかに
直感にしたがってみよう!
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
というチャネルを作っておくことは必要では・・・
と思います。


───────────────────────────────────
★ 最初の30分間で予感が・・・・
───────────────────────────────────

以前、新築住宅の営業をやっていた頃です。

展示場などへお客さんがこられ
お話しさせていただくことになります。


いろんな話をしているうちに
およそ30分ぐらい経った頃でしょうか

『このお客さんは私と契約することになる!』

こんな予感が生まれてきます。


逆に

『このお客さんとは縁がないな!』

と感じることもあります。


『契約になる』
と感じたお客さんはその通りになったものです。


その予感は自然に生まれてくるのですが
実は、自分で意識してやっていることがあります。


それは
今お話ししているお客さんを、心から好きになれるか?
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
を自分に問うています。


人の性格とか価値観とか
いろいろですから、
必ずしも“ウマが合う”という人はそんなに多くはありません。

だから、“ウマが合わない人”とは商談しない!
などと決め付けてしまうと
見込み客が減っていきます。


“ウマが合う”“ウマが合わない”では無く
お客さんが持っているいろんな面の中で

かわいいな~・・・と感じる点を探そうと意識します。


そして、そんな面が見つかると
“好きになれるかな?”と自分に問いかけるのです。


好きになれるという感情が生まれてくると
先ほどの

『このお客さんは私と契約することになる!』

こんな予感が生まれてくるお客さんが必ずいます。


好きにはなれても
『このお客さんとは縁がないな!』

と感じる人もいます。


この予感=直感にしたがって
有力見込み客をしぼってきたことが

短期間で多くの受注を成し遂げたポイントだったと思っています。


───────────────────────────────────
☆ 2010年就職情報
───────────────────────────────────

■新着情報 6/23までにエントリーを開始した企業

2010年度 エントリー開始企業情報は
⇒ http://www.businessman21.com/entry/2009/06/post_53.html


----------------------------------------------------------------------
■編集後記

盲目のピアニスト 辻井伸行さんが
第13回バン・クライバーン国際ピアノコンクールで優勝し
大変な話題なっています。

オリコンチャートでもすごいことになっています。


盲目でピアノを弾く・・・・・
すごいな~と思っていたら

盲目のカメラマンがいました。


プロを目差している
アマチュアカメラマン 大平啓朗さん。

北海道 函館在住なのですが
明日から半年間をかけて日本縦断の旅に出ます。

スタートは
沖縄県波照間島から
途中写真展のために3回の中断をはさんで
来年3月には、ゴールの北海道 稚内に到着する予定。

そして、4月には「フォトスタジオおーちゃん」を
函館で開業する予定だそうです。


旅の様子は
 http://www.nizamo.com に公開されます。


【クリックするだけで救われる命があります】
クリック募金によるNPO支援や、企業とのコミュニケーションを通じて
“持続可能な社会づくり”を推進するサイト
⇒ http://www.dff.jp/

[広告]

ページの先頭へ