メールマガジンバックナンバー

仕事は5年でやめなさい

困った時に読むメルマガ『交渉術で道は拓ける』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━09.08.12━━

いつもご購読有難うございます。

      

今日が初めてという方・・・・・はじめまして

就職活動中の皆さんや、
社会人3年目ぐらいまでのフレッシュマンの皆さん向けに

【困った時に読むメルマガ】
読むと元気が出るメルマガを目差しています。


これからもよろしくお願いします。



今日のテーマ



∥★ 仕事は5年でやめなさい

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

タリーズコーヒーの創業者で
現在は、タリーズコーヒー インターナショナルの会長として
アジアを中心に食文化の架け橋として活躍していている
松田公太さんの著書です。

発行は (株)サンマーク出版
2008年6月5日 初版発行の本です。


タイトルの
『仕事は5年でやめなさい』は

5年で会社勤めを辞めて独立しなさい

ということではありません。


5年で辞めるつもりになると
同じ5年間でも
吸収するものが違う・・・・・

こんな意味なんですね。


著書の最初の方に
『目的と目標を明確に区別する』という
フレーズが出てきます。

松田さんにとっては
「目的」と「目標」はまったく別物・・・と言っています。


つまり「目的」は一生をかけて目差す場所であり
「目標」は、目的に向かっていくための道標だと


目差す場所へ向かって行く為には
山もあれば谷もあります。


途中には分かれ道があったりして
左右どちらに行ってよいのか分からない・・・・

こんなこともあります。


道を迷わずに進んで行く為の目印
それが「目標」です。


例えば
“10年後に独立する”
という目的があったとします。

その為には準備しなければならないことがたくさんあります。
それらを書き出して

2年目、3年目、・・・・・
と細かく単年度の目標を設定していく。

すると
大きく、遠い目的であっても
ひとつひとつの目標をクリアすることによって
少しずつ目的に近づいていることを
認識できるようになります。


また
『失敗のイメージを鮮明に描けるか』
というフレーズも出てきます。

周到な準備をしても失敗に終わる事もあります。

もしも失敗した時にどのようにして立ち直るか?
どんな方法で、再度、這い上がって来るのか?


そのイメージがはっきりしていれば
失敗を恐れることはありません。


28歳で勤めていた銀行を退職して
タリーズコーヒー1号店を銀座にオープンさせた松田さん。

その時の借金が7,000万円でした。


決して順調に事業が進展したわけではありません。
常に“失敗”というリスクを背負いながらの毎日です。


タリーズコーヒーは
現在は伊藤園の傘下に入り、松田さんの手を離れていますが
スターバックスとの競争を繰りひろげ
成長へと導いた松田さんなりの“成功法則”があります。

それは

『はるか彼方に思える目的でも、常にそれを視野に入れていると
 自分の歩く道を間違えることはありません。
 何をするにも自分の意識はそちらに傾いていきます。
 岐路に立っても迷ったり悩んだりすることが少なくなります。
 
 頭の中にハッピーなイメージができているので、
 そのイメージに近いところに行くように、
 脳が身体や意識を動かすのです。』



松田さんの公式サイトが8月3日にオープンしています。
まだ、プロフィールだけですが
今後どのような活躍をするのでしょうか。

松田さんのサイト⇒ http://koutamatsuda.com/?page=profile


───────────────────────────────────
☆ 2010年就職情報
───────────────────────────────────

■新着情報 

夏休み期間なのか
新規のエントリーはありません。


■編集後記

静岡で大きな地震がありましたが
必ずくると言われている
『東海地震』とは関係がないと発表されています。

ところが
今回の地震によって
“東海地震が早まる”

こんな見方をしている専門家もいます。

http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20090812-OYT1T00056.htm?from=rss&ref=rssad


【クリックするだけで救われる命があります】
クリック募金によるNPO支援や、企業とのコミュニケーションを通じて
“持続可能な社会づくり”を推進するサイト
⇒ http://www.dff.jp/

[広告]

ページの先頭へ