メールマガジンバックナンバー

ブラック企業とシュガー社員

困った時に読むメルマガ『交渉術で道は拓ける』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━09.10.28━━

いつもご購読有難うございます。

         
今日が初めてという方・・・・・はじめまして

就職活動中の皆さんや、
社会人3年目ぐらいまでのフレッシュマンの皆さん向けに

【困った時に読むメルマガ】
読むと元気が出るメルマガを目差しています。


これからもよろしくお願いします。


今日のテーマ


∥★ ブラック企業とシュガー社員

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

『シュガー社員』という言葉を聞いたことがある人も多いと思います。
3年前に出版された『シュガー社員が会社を溶かす』という本があります。

著者の田北百樹子さんが続編を今年出しました。

【ブラック企業とシュガー社員】
出版は(株)ブックマン社
2009年4月4日発行です。

『シュガー社員』はマスコミでも取り上げられた言葉ですので
どんな意味なのかはご存知の方もおられると思いますが
もう一度おさらいをしておくと・・・・・

Wikipediaによると、次のように整理されています。

**************************

主に次のような特徴を持つ社員を指す

* 突然何の連絡もなしに会社を辞める。
* 仕事場で叱責すると、親が会社に来て抗議する。
* 定刻通りに出勤しない(時間にルーズ)。
* 会社よりもプライベートを優先し、業務に支障をきたす。
* 自立心が乏しいわりに、自信過剰である。

など、甘やかされて育った若手社員を砂糖(シュガー)の甘さに喩え、
会社を『溶かしてしまう』要因となる、と説いている。

**************************

“会社を溶かす”とは
業績低下から経営破たんのリスクを言うのですが
経営者や幹部社員にとっては頭の痛い問題です。

読んでいくと
『こんな社員いるよな~』と
共感できるものもあれば

『これって、俺のこと・・・・』

などと、昔の自分を思い起こしたりします。

著書は
会社の経営者向けに書かれていますが
若手の方や新人の方も読んでみられては・・・と思います。

10年世代が違うと
『外国人と話をしているの?』と錯覚してしまう経験ってありませんか?

学生時代でも3年違うと
話していて違和感を感じたこともあります。

人は周りの環境によって大きく影響を受けるものです。
知らないうちに“外国人”になっていないか
自分自身を点検してみることも必要かもしれません。

───────────────────────────────────
☆ 2010年就職情報
───────────────────────────────────

■新着情報 10/27までにエントリーを開始した企業

2010年度 エントリー更新企業情報は
⇒ http://www.businessman21.com/entry/2009/10/post_68.html

■編集後記

今年もあと2ヶ月です。
あっという間に時が流れますね。

2010年の就職事情は相変わらずパッとしませんが
読者の方 内定は決まりましたか?

先週もお伝えしましたが
業種によっては、求人倍率が非常に高いところもあります。

どんな会社に入るか・・・ではなく
どんな仕事をするか・・・を考えて見てください。

■編集後記

今月の初めに日帰りを手術をしました。
リカバリーに3日ほど安静にしていました。

するとこんどは
PCのバックライトが駄目になってしまい
急遽、中古パソコンを手配しましたが
設定やら何やらで時間がかかり
やっと今日、メルマガの配信にこぎつけました。

PCが日常の必須のツールになってしまっています。
PCが使えないと何も出来ないんですね。

【クリックするだけで救われる命があります】
クリック募金によるNPO支援や、企業とのコミュニケーションを通じて
“持続可能な社会づくり”を推進するサイト
⇒ http://www.dff.jp/

[広告]

ページの先頭へ