メールマガジンバックナンバー

心は傷つかない

困った時に読むメルマガ『交渉術で道は拓ける』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━09.11.04━━

いつもご購読有難うございます。

         
今日が初めてという方・・・・・はじめまして

就職活動中の皆さんや、
社会人3年目ぐらいまでのフレッシュマンの皆さん向けに

【困った時に読むメルマガ】
読むと元気が出るメルマガを目差しています。


これからもよろしくお願いします。


今日のテーマ


∥★ 心は傷つかない

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

『心は傷つかない』という話をします。

心は“光”です・・・だから、傷はつきません。
もし『心が傷ついた』と感じることがあったら
それは・・・・・心ではなく、考え方に傷があるからです。

斉藤一人さんの「普通はつらいよ」に書かれているのですが
もう少し引用します。

『映写機は光源を持って光を発して、フィルムを通り、
 スクリーンに映像を映します。
 この映写機から発する光が命であり、魂であると考えてください。
 つまり映写機から出る光が、フィルムを通ってスクリーンに映ったときに
 いろいろな映像が現れる。

   光に傷がついているから、映像に傷が現れるのではありません。
 もし映像に傷がついているようならば、フィルムに傷があるからです。
 要するに、心や魂ではなく、

 考え方というフィルムに傷がついているのです。』


  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ よく『あの人の言葉で傷つけられた』
というフレーズがありますが

傷つけられたのは心ではなく
考え方なんですね。

考え方はいくらでも変えることが出来ます。
傷ついたと思ったら、あいての言葉を違うように解釈してみるのです。

すると、どうってことの無い言葉だったことに気がつきます。


───────────────────────────────────
∥ 一人さんはもう本を書かない
───────────────────────────────────

この「普通はつらいよ」は
東京ビッグサイトで講演した内容を書き下ろしたものが
半分と
あとの半分は
斉藤一人さんの考え方のすごくベーシックな部分を
まとめたものとなっています。

先ほどの
『心は傷つかない』は

後半の最初に出てくる部分です。

本のサブタイトルには
『おもしろくて、楽しくて、すずやかに生きるコツ』
と書かれていますが、

『心は傷つかない』を読んだだけでも
そのコツがわかるような気がします。

これまでも
斉藤一人さんの本はずいぶん読みましたが
この本は、最後かましれません。

書かれていることがすごくシンプルなんですね。

ものごとを突き詰めていくと
最後はすごくシンプルになるもので

そんな意味で
一人さんの考え方・生き方は
この一冊でつかめるのかもしれません。

【普通はつらいよ】
 斉藤一人 著
 マキノ出版 2007年4月9日


───────────────────────────────────
☆ 2010年就職情報
───────────────────────────────────

■新着情報 11/3までにエントリーを開始した企業

2010年度 エントリー更新企業情報は
http://www.businessman21.com/entry/2009/11/post_69.html


■編集後記

今日でちょうど
手術から4週目です。

午後から
経過のチェックに病院に行ってきます。

手術で切った部分に
接着剤のようなものを塗っていたのですが
あれはどうやら『人工皮膚』のようなものでした。

古い皮膚が剥がれるように
接着剤の薄い膜が少しずつなくなっていき、
今では普通の皮膚になっています。

包帯もガーゼも必要ありません。
手術したその日から
シャワーを浴びることが出来ました。

お腹の傷もほとんどわからなくなっています。
もちろん心にはひとつも傷がありません。

【クリックするだけで救われる命があります】
クリック募金によるNPO支援や、企業とのコミュニケーションを通じて
“持続可能な社会づくり”を推進するサイト
⇒ http://www.dff.jp/

[広告]

ページの先頭へ