メールマガジンバックナンバー

気遣いのススメ

困った時に読むメルマガ『交渉術で道は拓ける』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━10.02.10━━


いつもご購読有難うございます。


今日が初めてという方・・・・・はじめまして

就職活動中の皆さんや、
社会人3年目ぐらいまでのフレッシュマンの皆さん向けに

【困った時に読むメルマガ】
読むと元気が出るメルマガを目差しています。


これからもよろしくお願いします。


今日のテーマ


∥★ 気遣いのススメ

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

他人にはあまりズケズケとものを言わない私ですが
何故か・・・女房殿には
ズケズケと言います。

それは・・・
普段ズケズケと言われていることへの反発だと思っています。

ズケズケと言われた女房殿は必ず
『あなたは気遣いが無い!』と怒ります。

さて、今日は 気遣い について。


───────────────────────────────────
∥ メールマナーにも気遣いを
───────────────────────────────────

気遣いとは他人への思いやりであるとか
“心配り”という意味合いですが

“マナー”という意味もあるようです。

ビジネスマナーとかテーブルマナーとか
最近では、メールマナーという言葉もあります。

マナーとは

************************

「他者を気遣う」という気持ちを所作として形式化し、
わかりやすくしたものが形式としてのマナーである。

************************

ということだそうです。

気遣いの出来る人と出来ない人では
交渉や商談などでは、成果に大きな違いが出ます。


私は普段、メールをよく使っていますので
メールマナーから“気遣い”を考えてみます。

───────────────────────────────────
∥ 気遣いは自分の為にもなるのです
───────────────────────────────────

メールマナーに必ず書かれていることがあります。
それは、
『適度に改行を入れて、1行の文字数は少なめにする』

これは
メールを受け取った人に対して
文章を読みやすくして、書かれていることが理解しやすいように

という心づかいからくるものです。


時々ですが・・・・・

まったく改行もなく
ズラーっと文字が並んだメールを受け取ることがありますが

読む前に
『なんだ! この人は』
という感情が先に立ってしまいます。

自分の用件が伝わればいい!

という意識が伝わってきますので
『何を言いたいの?』

こんな感じで読んでしまいます。

本当はこれではいけないのですが
感情はなかなかコントロールできません。

こんなメールは
結局は送信した人の方が損なんです。

受け取った方は
書かれている内容にしか対応しません。

ところが
すごく読みやすいメールというものは
この辺が違ってきます。

どんな気持ちで書いたのか
文章上にはないけれど
本当は何を求めているのかを
考えようとします。

同じメールを送るのであれば
相手が“行間を読み取ってくれるメール”

を送った方がいいと思います。

気遣いは
相手に対して行うものですが
最後には・・・自分に返ってくるものなのです。


気遣い度チェックというのがあります。
http://kantei.am/5040/

私は87点でした、さてあなたは?


今日はここまで・・・・・


───────────────────────────────────
☆ 2010年就職情報
───────────────────────────────────

■新着情報 2/9までにエントリーを開始した企業

2010年度 エントリー更新企業情報は
2/2⇒ http://www.businessman21.com/entry/2010/02/post_76.html
2/9⇒ http://www.businessman21.com/entry/2010/02/post_77.html

--
■編集後記

民主党の石川議員が離党する方向です。
「トカゲのしっぽ切り」という見方もありますが
最近の小沢幹事長からは

“執念”のようなものを感じています。

いい悪いは別として
自分の仕事・役割に立ち向かう姿勢としては
理解できる部分もあります。

『ここ20年ぐらい、日本の政治を動かしてきたのは
 自民党の野中さんと、小沢さんの二人だ』

と言っていた人がいます。

実力者というものは
陰の部分も多く持っているものです。

私には無縁の世界ですが・・・・・

【クリックするだけで救われる命があります】
クリック募金によるNPO支援や、企業とのコミュニケーションを通じて
“持続可能な社会づくり”を推進するサイト
⇒ http://www.dff.jp/

[広告]

ページの先頭へ