メールマガジンバックナンバー

思い通りにいかない時

困った時に読むメルマガ『交渉術で道は拓ける』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━10.04.21━━


いつもご購読有難うございます。


今日が初めてという方・・・・・はじめまして

就職活動中の皆さんや、
社会人3年目ぐらいまでのフレッシュマンの皆さん向けに

【困った時に読むメルマガ】
読むと元気が出るメルマガを目差しています。


これからもよろしくお願いします。


今日のテーマ


∥★ 思い通りにいかない時

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

思い通りにいかない時に

『何をやってもうまくいかないや』
と嘆く人

『もっと方法はないかな』
と、さらに工夫をする人

この両者には大きな違いがあります。

最初のスタート時点ではわずかな違いしかありません。

たとえば・・・・・

A君とB君、二人の同期入社の新入社員がいたとします。

A君は『何をやってもうまくいかないや』タイプです。
B君は『もっと方法はないかな』タイプです。

2年後、3年後にこの二人は
社内でどのようなポジションにいるでしょう?

答えは明確です・・・・・・


では、どちらのタイプになりたいですか?

もちろん・・・・・『B君になりたい!』ですよね。


───────────────────────────────────
∥ 災い転じて福
───────────────────────────────────

『災い転じて福となす』

昔の人はよくこう言っていました。
(今も言うのかもしれませんが)

思い通りにいかなかったり、失敗がつづくと
落ち込んでしまいますが、失敗から学ぶことはすごく多いものです。

失敗したことがヒントになって成功した・・・・・
こんなことは、探すとたくさんの事例が出てきます。

よく語られるものでは『ポスト・イット』があります。
接着剤の開発中に生まれた失敗作が
付箋紙として大ヒットした商品です。

失敗を失敗と受け止めるのか
失敗を成功の為のタネとみるか

考え方によって180度違う世界がそのあとに続きます。

明日のことは誰にもわからない。
何も決まってもいません。

だから・・・・・明日はきっと思い通りのことが起こる・・・・・
いつもこう思って生きていると、必ずそうなります。


───────────────────────────────────
∥ EXILE リーダー HIRO が語る「ずっと人気者のはずがない」
───────────────────────────────────

HIRO がインタビューの中で語っていたこのフレーズ

『負けず嫌いなんで。自分の思い通りにいかない中で、
           このチャンスに巡り合えたんで。
 とにかくこの世界で成功したいという思いを強く持っていました。』


2001年、Soul Brothersから EXILEへ改名し、
事務所を独立した時のものです。

HIRO は大きな挫折を味わった人なんですね。

1990年、ZOO のメンバーとなり、一躍スターダムへと・・・・・
そして6年後にはZOO の解散・・・・

その後は、バックダンサーとしての下積みの時代が5年も続きました。

栄光から挫折へ・・・そして再び栄光へ

しかし
HIRO が語るように、「ずっと人気者のはずがない」という原点が、
現在のそしてこれからもつづく EXILEの魅力を生んでいるのでしょう。


『挫折があったからこそ今がある』


───────────────────────────────────
☆ 2011年就職情報
───────────────────────────────────

■新着情報 4/6までにエントリーを開始した企業

2011年度 エントリー更新企業情報は
4/13⇒ http://www.businessman21.com/entry/2010/04/post_86.html
4/20⇒ http://www.businessman21.com/entry/2010/04/post_87.html


--
■編集後記

職人技の一例を掲載しました。

オバマ大統領が
2030年代には、火星に人を送り込むと発表しました。

NASAの宇宙開発事業の縮小をにおわせていたアメリカですが
やっぱり、そんなことはありませんでした。

2030年・・・・・まだ20年もあります。

その瞬間を見ることができるのかな~

【クリックするだけで救われる命があります】
クリック募金によるNPO支援や、企業とのコミュニケーションを通じて
“持続可能な社会づくり”を推進するサイト
⇒ http://www.dff.jp/

[広告]

ページの先頭へ