何をやってもうまくいかない!

  • 初回アポがとれない
  • チラシの反応が悪い
  • 提出した企画書にミスが多い
  • プレゼンをしくじった
  • 納品が間に合わない
最近やることすべてがうまくいかない。どこに原因があるのだろう、こんな悩みを持ってはいませんか?
調子よくずっとやってきたのに、いつの間にかこんな状態になってしまった自分に気が付いた・・・スランプかな?

スランプかな?・・・と思った時からスランプになってしまいます。

スランプは『原因と結果の法則』

ジェィーズ・アレンの有名な著書に、【「原因」と「結果」の法則 】があります。

心の中に蒔かれた(あるいは、そこに落下して根づくことを許された)思いという種のすべてが、それ自身と同種のものを生み出します。それは遅かれ早かれ、行いとして花開き、やがては環境という実を結ぶことになります。良い思いは良い実を結び、悪い思いは悪い実を結びます。
人間は、心の奥底の支配的な思いにつきしたがい、誤った行いをつづけながら、また正しい行いに努めながら、やがては、それらの果実である自分自身の外部環境に行き着くことになります。「原因と結果の法則」はあらゆる場所で機能しているのです。

つまりスランプの原因は、あなたの行動にあったのでは無く、あなたの思いにあったのです。
だから『必ずうまくいく』と思うことが、うまくいくことの原因であり、スランプを抜け出す唯一の方法です。

スランプから抜け出す方法

【フィッシュ!―鮮度100%ぴちぴちオフィスのつくり方】

(著:スティーブン・C. ランディン&ジョン クリステンセン&ハリー ポール)
魚市場からヒントを得たというこの本には、スランプを抜け出す秘訣が書かれています。
ポイントは4つ!
  • 態度を選ぶ
  • 遊ぶ
  • 人を喜ばせる
  • 注意を向ける

このすべてが魚市場にはあるようです。
もし、スランプかな~?と思ったら、魚市場に行ってみるのがいいのでは!

自分のとるべき態度を選ぶ

自分の態度は自分で決める事が出来ます、前向きか?後ろ向きか?
他人や上司から言われて態度を選ぶわけではありません。
あなたの態度はあなたが決めています。どちらの態度がスランプを抜け出せるのか言うまでもありません。
あなたの思いが結果につながります。

遊び心を持つ

辛いことや嫌な事、キツイことやシンドイこと。それらは遊びだと思えばいいのです。
辛いことをやり抜いたら、自分にご褒美をあげましょう。
アポが取れたらゆっくり温泉でも!
納品が間に合ったら、発泡酒ではなくエビスで乾杯!

人を喜ばせる

会社の同僚やお客様を喜ばせることを考えます。人を喜ばせると、その喜びが自分にやがて返ってくるものです。
喜ばせる事は、人をポジティブにし自分もポジティブになってしまいます。

注意を向ける

人に関心をもち、人が必要としている時には、タイミングよく注意を向けてあげることです。
人は関心を持ってもらった!ということだけで、幸せな気持ちになるものです。
鈍感ではいけません、敏感な感覚は、やっぱりポジティブな思いがあるから出来ること。

[広告]