一年の計は元旦に・・・・・
よく言われることですが、実践している人は意外と少ないもの、一年の計画はどのように考えたらいいのでしょう。

スタートダッシュの違いが結果に差をつける

年明け早々から猛然とダッシュする人、徐々にスピードをあげる人、二つのパターンがありますが、あなたはどちらでしょうか?
成功パターンから云うと、スタートダッシュの早い人の方が、年末・期末の成績は目標を達成しているものです。

スタートダッシュが早い人は、目標の立て方がより具体的であり、数値化されているということに気付きます。
営業成績トップを目差す・・・・・よりは、年間受注5億円・・・・・などと具体的数字を設定しています。

目標数字が具体的なほど、達成の為にしなければならないことがより具体的になります。

  • 有力見込み客の件数
  • 中長期管理客の件数
  • 新規見込み客の必要数
  • 一日あたりの行動量
といった、より細分化された数値目標が自然に算出されます。
当然、年明け早々ノンビリとしてはいられない気分になってきますので、スタートダッシュは早くなります。

[広告]

薄れていく目標達成意欲

人間とは基本的に怠け者です。努力の継続が、怠け者ではない自分を形成するものです。
では努力の継続はどのようにすればいいのでしょう。

方法は意外と簡単です。
目標を紙に書いて壁に貼るだけ!
そして、常に今日から始める気分でいることです。

目標を壁に書いて貼ってしまうと、貼るだけで終わっている人は、いつも『今日も何も出来なかった』と段々と、自己嫌悪に陥るものです。
自己嫌悪・自己マイナス評価・・・・・これが一番まずいのです。

壁に貼った目標に向けた努力をしていないと自覚したら、今から始めればいいだけです。
今からスタートだといつも思えばいいのです。
基本的に怠け者ですから、努力をしていなくて当然、今日から始めよう!・・・・・こんな風に自分に言い聞かせて下さい。
決して難しいことではありません。

三日坊主の繰返しが目標達成につながる

努力の継続・・・・・こういうと、出来なかったらどうしようとか、どうせ三日坊主で終わりそう、とか思う人がいます。
三日坊主でいいんです! 三日つづいたら休んでもかまいません。休んだあとにまた三日つづければいいだけです。

大事なことは目標を忘れない! 常に目標にかかげた数値だけは頭から離さないことです。
毎日やろうなどと思わないこと、苦痛になるだけですから、三日つづいたら自分を誉めてあげましょう。

[広告]