平成21年10月から全面施行される住宅瑕疵担保履行法は、瑕疵保証の資力を確保する為、保証金の供託か保険加入のどちらかを、事業主は選択することになります。
供託金や加入すべき保険金額は、年間の供給棟数によって異なり、下表の基準額となります。

棟数 基準額 棟数 基準額
1 2000万円 200 1億1000万円
10 3800万円 300 1億2000万円
20 4600万円 400 1億3000万円
30 5400万円 500 1億4000万円
40 6200万円 600 1億4800万円
50 7000万円 700 1億5600万円
60 7600万円 800 1億6400万円
70 8200万円 900 1億7200万円
80 8800万円 1000 1億8000万円
90 9400万円 2000 2億2000万円
100 1億円 3000 2億6000万円

[広告]

瑕疵担保責任保険の内容

瑕疵担保責任保険で支払われる保険金は、補修費の全額は出ません。
補修費から10万円が控除され、その金額の8割まで、しかも戸建て住宅の場合には、
2,000万円が上限となります。

瑕疵担保責任保険の手続き

平成21年10月1日引渡し物件から適用されますので、前もって保険の加入をする必要があります。
保険加入した物件は、工事期間中の現場検査があり、所定の検査を受けないと保険が適用されません。

住宅瑕疵担保履行法が適用される住宅とは?

住宅と名のつく新築住宅すべてに適用されます。

  • 戸建て住宅
  • 分譲マンション
  • 賃貸住宅
  • 賃貸マンション
  • 賃貸アパート
これらすべてが対象となります。
ただし、竣工後1年を経過した住宅は対象外となります。
中古住宅は対象外です。

[広告]